≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG GN-X III(連邦軍型) その1

 この週末、近所のトイザらスでは1/144 HGティエレン地上型が500円、宇宙型が700円で投げ売られていた。ティエレン自体セカンドシーズンで見る影もなかったり、今月は決算期だったり、ベビーザらス(コーナー)併設によりプラモデルコーナーの規模縮小があったりと理由はあるのだが、にしてもキットの優秀さを考えるときわめてお買い得だ。が、誰も手に取らない。取らないよなァ。これがせめてタオツーなら、検討の余地はあった(かもしれない)。

■「不死身のコーラサワー、ただいま参上~!」
 さて、ガンダムOO本編も最終回が近付いてきた。積んでいた1/144 HG GN-X III(連邦軍型)を片付け半分で組んでいたら、本日まさかの大活躍。しかも、パイロットはコーラサワーをはじめアロウズに反旗を翻したマネキン軍団。セルゲイも生きているらしき描写があったし、大方の予想通りかつお約束とはいえ、燃える展開キター!

 関係ないけど、大量生産ブリング/ディバインはビックリドッキリメカに見えた。大河原リスペクトがこんなところに!

1/144 HG GN-X III(連邦軍型)

淡い藤色の成形色には品の良さを感じるが、劇中のカラーではもっと彩度が高い(青に近い)印象


■“単なる成形色替え”キット
 キットは、アロウズカラーのGN-X IIIの単なるパッケ&成形色替え。この「単なる」レベルのキットといえば、やれ“バンダイ商法”だの“商売優先の新設定”だのと罵られがち。もちろん、そういった都合もあるにはあるだろう。が、今まであった多くのバリエーションキットのように武装違いでもなく、頭部やバックパックなどの一部デザイン変更でもなく、形状そのものはまったく同じというものは珍しい。一連のエキストラフィニッシュやメッキバージョンを別とすれば、他にはG3ガンダムくらい? HGUCリックドムIIのライトグリーンVer.もそうだったか。

 こういった商品の成立は、無塗装派のユーザーが圧倒的に多い現実をメーカーがしっかり認識していることの証左だ。そういった意味では、トランザムカラーもまた同系統のプロダクツといえる。

 パーツ内容的にアロウズカラーのGN-X IIIと唯一異なるのは、付属シール。まぁ、あちらは太腿色分け用の、あの大判シールが付いていたからね。

 先にも述べたとおり、GN-X IIIは基本的にGN-Xのランナーを利用し、胸や腰のバインダーなどを独自パーツのランナーを切り替えている。が、この配置が実に的確で、組み立て後の余剰パーツが(ポリキャップ以外)一切出ないのには拍手喝采だ。最初からバリエーションキットの発売を見込んではいたのだろうが、それにしても美しい。GN-Xを組んだときにも感じたが、この設計者は相当に非凡な能力の持ち主ではなかろうか。

≫ Read More

スポンサーサイト

| HG GN-X III(連邦軍型) | 19:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MODELOCK アーバレスト その2

 そういえば、前回のレビューで書き忘れていたことがあった。このキットには、ランナー枠を利用して作る簡易スタンドが付属しているのだ。ランナー外枠のボールジョイントが付いた一辺を切り取り、中央の窪みに差し込めば出来上がり。

MODELOCK アーバレスト ランナースタンド

ランナーを有効利用するアイディアは良かったが…


 うーん、貧乏くさい(笑)。これでもゲート部分を切り取ってかなり見栄えを整えたつもりだが、それでもご覧のとおりの風采だ。

≫ Read More

| MODELOCK アーバレスト | 16:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。