≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/20 S.A.F.S その8

 “ガンプラ 鉛”をキーワードに検索してお越しくださる方が、意外に多い。これはガンプラの足(もしくは脚)に鉛を入れて自立しやすくする工作のことを指しているのだろう。まさか、かつてプラモ狂四郎がパーフェクトガンダムII(フルアーマーガンダム)の胸部装甲に鉛板を仕込んで装甲を強化したアレとか、そんなのじゃあるまい。

ガン玉と割ビシ

中心にミチイトを通すための穴が空いている(筒状になっている)のがガン玉。アケビのようにパックリと割れているのが割ビシ


 私の場合、足用の鉛には釣用のオモリであるガン玉や割ビシ(カミツブシともいう)を使うことが多い。鉛板のように切り出す必要がなく、また、一個あたりの重量が決まっているため、オモリのサイズと個数さえ合わせれば簡単に左右のバランスが取れるからだ。

 これらのサイズを数種類揃えておくと、ガンプラなら1/100と1/144スケールで使い分けることができて便利。写真のような菊型ケース入りのセットを買っておくと重宝する。これで、おそらく2~3年は困らないはず。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 1/20 S.A.F.S | 10:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。