≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MODELOCK アーバレスト その3

 塗装に向けて、モデロック アーバレストのパーツを洗浄。

MODELOCK アーバレスト パーツ洗浄

パーツ全部でも、たったこれだけ。まさに“塗る気にさせる”仕様


 しかし、見れば見るほど食玩状態(涙)。すべてのパーツがABS樹脂製なので、普通の模型用サフでは食い付かないかも。

 それにしても、ホント、いろんな所に玉ッコロ付いてるなァ。
スポンサーサイト

| MODELOCK アーバレスト | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ティエレン地上型 その8

 例のお台場ガンダムがスゴイことになっていてビックリ。これはもう、モニュメントというより、144倍のHG ガンダム Ver.G30th、いや、60倍のフルディテール版PGガンダムといった方が近いか。

 この手の商業イベントにはあまり惹かれない私も、これは見に行こうと思う。息子はもちろん、ガンダムに特に興味もない女房でさえも「実物を見てみたい」のだとか。

1/144 HG ティエレン地上型 バズーカ

コトブキヤのM.S.G バズーカを持たせても似合う


 さて、忘れた頃にティエレンを更新。今も気が向いたとき地道に手を入れている。太腿の処理に決着を付ける時間さえ取れれば、コイツにもサフを吹けるのに。あ、いや、サフを吹く時間も必要か…。<そこが問題(涙)

 

| HG ティエレン地上型 | 19:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SD ガンダムGP03D その3

 バーニアノズルの複製に挑戦。型取りに使ったのはダイソーの「おゆまる」。熱で柔らかくなり、冷めると固まる樹脂で、懐かしの「型想い」とほぼ同じアイテムと思っていい。

 やかんにお湯を沸かし、カップに注いでおゆまるを投下、柔らかくなったら原型に押し付ける。冷蔵庫に入れて5分ほど待ち、冷えたら剥がして原型を取り出し、代わりに成形剤(レジンキャストやポリパテあるいはエポパテなど)を注入して、型を元通りに組みつけ、成形剤の凝固を待つ。なお、今回は成形剤にポリパテを使った。

おゆまるでバーニア複製

黄色のおゆまるを使うと、ポリパテをどこまで詰めたか判らないことが発覚!


 しかし、型を三方向に分割してみたりもしたものの、今ひとつ精度が出せない。円筒が歪んでいたり、縁が欠けたりしてしまうのだ。原因は修行不足か、はたまたバーニアノズルの形状がこの手法に向いていないのか…。

 ともあれ、ここでトライ&エラーを延々繰り返していても時間の無駄なので、今回は諦めてコトブキヤのM.S.GバーニアノズルIVをもうひとつ買ってきた。<敗北宣言

≫ Read More

| BB戦士 デンドロビウム | 11:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SD ガンダムGP03D その2

 ステイメンを改造。このキット、形こそ間違いなくステイメンなのだが、どことなくそう見えないと感じるのは私だけだろうか。その原因は顔だと思う。GP03Dに限らず、この時代のSDシリーズキットでは目の周辺をほぼすべてホイルシールで再現するため、輝きはするが、立体感に欠ける。また、ツインアイが(とんでもなく)大きく描かれている関係で、それがカトキデザインであるステイメンのイメージにそぐわないのだ。<カトキデザインのガンダムは目が小さい印象で、大きいと大河原チックに見える

SD ガンダムGP03D マスク改造

ブレードアンテナはポリパテ+プラ板で延長して尖らせたが、この後に強度不足が露呈(アンテナ右側も補修状態)。元の長さに切り落として再度削り込み、先端を尖らせた


 そこで、こんなふうにプラ板でツインアイとクマドリ(?)を工作。ツインアイには0.5mm、クマドリには0.3mm板を使用した。ツインアイはやや大きめだが、これはSDなりのバランスを考慮した結果。なお、現行のBB戦士(ストライクガンダム以降か)のツインアイはモールド化されクマドリは別パーツとなり、立体感に富む満足度の高いものとなっている。見栄えの差を考慮すれば、この進化は必然といえるだろう。人形は顔が命。

 足はアンクルガード前のボルトモールドを切除&跡をポリパテで穴埋め。キットのデザインは、ステイメン“らしさ”を考えてここにボルトモールドを加えたのだろう。が、本来ステイメンのボルトはアンクルガードの奥にあるので、ボルトの頭がこの位置に見えるのは、実は誤り。ゲームCGでもボルトは見えない。

≫ Read More

| BB戦士 デンドロビウム | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/20 S.A.F.S その10

 このキットでほぼ唯一納得がいかないのが、マニピュレーターの造形。これは誰しも思うらしく、S.A.F.Sを製作する人の多くが文字どおり手を入れている。が、わずかながらも“これはこれで味わいがある”という意見もあり、改造するか否か悩むところ。というのも、そもそも今回のS.A.F.Sに関しては塗りを楽しむことに主眼を置いていて、改造する気などほとんどないからだ。それに、すでに手首の軸を挟み込んで接着してしまったし、今からバラすのも至極面倒臭い。

1/20 S.A.F.S 旧右腕

さすがに、この小指では(設定的にも)動くとは思えない

≫ Read More

| 1/20 S.A.F.S | 13:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。