≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HGUC ザクI スナイパータイプ その1

 このキットを「バンダイお得意の金型流用」と切って捨てる人もいる。が、私は別にそれはそれで良いと思う。たとえ、ゲームにちょいと登場するのみで一般的な馴染みが薄くてもいい。一度商品を開発した以上、それを有効活用して少しでも開発費用を回収する速度を上げようと望むのは、無理からぬ企業の姿勢だろう。問題は、流用元となるキットがその利用に相応しい評価を得たものかどうかだ。

 結論からいうと、HGUCザクというキットがそれに値すると私は思わない。HGUCシリーズ中でも違和感のある低い等身、既発製品(たとえばグフ)との表現面での極端な不整合性、すなわちのっぺりし過ぎてまったく面白みのないディテール、大きすぎる肘関節、過剰に太い前腕、ポリキャップと接続ピンが丸見えのショルダーアーマーなど、弱点を言い始めればキリがないだろう。

 必要以上にギミックを優先させた結果、動きも形も破綻した肩と足首の関節。ザクIIで不評だったフロントアーマーを含む腰回りの改善と肘の二重関節化がザクIで実現されたものの、反面、肘関節がABSパーツの挟み込みになるなど、塗装派からみればただ面倒が増えただけといえなくもない。

HGUC ザクI スナイパータイプ パチ組み

頭部と胸部、バックパックと武器、右膝のデザインが変更されたが、HGUCザクI/IIの弱点はそのまま


 使い古された旧型機を再利用した機能特化型機体、という設定はかつてのMSVを彷彿とさせるし、大型のエネルギーバックパックを背負ったデザインも悪くない。その証拠に、取扱説明書に描かれたカトキハジメ氏のデザイン画はそれなりに格好いいのだ(いつものことだけど)。しかし、いかんせん元キットの解像度が低い。それにつられたのか、エネルギー・バックパックのディテールも垢抜けず、とても2000年代のキットとは思えない大味な内容となっている。これはもう、惜しいとかそういうレベルではない。

 などと、そこまで貶めるならなぜ買ったと自問せざるを得ないが、正直、これほどまでにアレなキットだとは思っていなかったのだ。ただ、買ってしまったものは仕方がない。後ハメ加工やディテールアップなどと報われないことはハナっから諦めて、サクッと簡単に組み立てるつもり。これしか持っていないならともかく、まだ組み立てを待つキットが山ほどあるのだ。どうせなら、努力が報われるキットに注力した方がいい。

 もし、スナイパータイプのコンセプトはそのままに、いっそMGザク2.0を素体として企画されていたなら、結構な名作になった可能性は捨てきれない。ところで、ザクIのVer.2.0って出ないね、そういえば。
スポンサーサイト

| HGUC ザクI スナイパータイプ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MG ジム・クゥエル その2

 数年ぶりに、電撃ホビーマガジン(なんと2003年1月号!)の懐かしの付録キット、「ヘイズルヘッド」を発掘。せっかくなので組み込んでみた。が…。

MG ジム・クゥエル ヘイズルヘッド付き 全身

面構成やディテールの形状、粗密などが、首から上と下でまったく異なってしまう


 うーん。頭部キットとしては分割も多く、決して悪い出来ではないのに、どうにもバランスがよろしくない。おそらくは、首から上と下が、まったく違うデザインルールで成り立っているから、いかにも“余所から持ってきました”的風情になってしまうのだろう。とはいえ、そもそも(設定的にも)そういうコンセプトの機体なのかも(あの小説は文体が苦手なので、内容はほぼ知らない)、とも思える。

≫ Read More

| MG ジム・クウェル | 12:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ケルディムガンダム その2

 ケルディム本体のパチ組み終了。基本的にはカッコイイと思うし、GNシールドビットの展開とディスプレイ、スナイパーライフルの折り畳みなどの遊びギミックも充実している。1/144スケールのガンプラとしては非常にデキが良い部類だ。

 ただ、唯一にしてかなり気になるのは、やはり脚。特にスネから下はデザインも馬の脚みたいだし、ギミック的にも不都合が多い。足首の可動が不十分なために、カトキ立ちのように脚を広げて立たせると足底が上手く接地できないのだ。そのうえ、無理に接地させようとするとスネ関節(があるのだ、このキットには)が動いてしまって、脚のアウトラインがO脚もしくはガニマタに見えてしまう。これが大変カッコ悪い。

1/144 HG ケルディムガンダム パチ組み前面

これがベストな立ちポーズなのか!?


 誰もが気軽に手を付けられる改造ポイントのひとつ、フロントアーマーの独立可動。例によって接続軸の中心を切断するだけの簡単工作なのだが、注意したい点がひとつ。軸を切断すると、左右各フロントアーマーの重量配分が 接続軸<アーマー部分 となり、組み込んだときに傾いでしまうことがある。これがなんとも情けない。

 そこで、今回はこれを防ぐため、切断後、接続軸に真鍮線を差し込んで繋いでいる。しかし、前述のように、このキットは格好良く見える開脚角度の自由度が異常に小さく、結果的に立ちポーズで飾らざるを得ないことを考えると、最初から軸を切り離す必要はなかったともいえる。

≫ Read More

| HG ケルディムガンダム | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ケルディムガンダム その1

 今さらながら、積んであった1/144ケルディムを組み始めた。思えば、確か発売日に買ったはず。なのに、どうしてこうなった…。

1/144 HG ケルディムガンダム 上半身

頭頂の合わせ目を消すかどうかが悩みどころ


 GNシールド前面展開など特異なギミックを持つ肩など、OOガンダムともまた違った組み立て感覚が楽しい。その代償として合わせ目が目立つが、これはやむを得ないだろう。額のクリアパーツがクリアレッド成型でなかったのは残念だが、塗れば済む話。それより、その下にのぞくガンカメラをクリアパーツに置き換えたいが、ちょうど真裏にダボがあるのが悩ましい。

 極小サイズのフェイスパーツの後ハメは、やはりこの方法が最適か。このサイズなら、特に処理する必要はない気もするけれど。というか、どうせここまで合わせ目の位置を寄せるなら、もう数ミリ寄せて、エッジ上に合わせ目が来るようにしてくれればいいのに。

 もうひとつ気になるのは、折れなのかRなのか、いまひとつハッキリしない肩垂れ(?)側面の曲率。平面による構成として処理するにはそれなりの盛り削りが必要と思われるので、ここはいっそ曲面として、バンダイエッジも含めて丸めてしまった方が手っ取り早いだろう。ついでに書くと、同所上部のうっすらとした小円形の凹みも、モールドなのかヒケなのかわからず悶々とする部分だ(おそらくヒケだろうが)。ヒケで思い出したが、GNシールドビットの表面はヒケだらけなので、忘れず処理したい。

≫ Read More

| HG ケルディムガンダム | 15:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HGUC リック・ドムII その1

 Twitterの模型クラスタで、Twitter模型部なる同好会が発足した。要は、模型好きが集まって気軽にオフ会やWebコンペをやろうという集まりというか“つながり”。そのTwitter模型部で第1回コンペが行われることになり、私も末席に加えていただくことになった。

 テーマ部門として、HGUC ボールの発売を記念した「球コン」、そして、その他の“模型なら何でもあり”のフリー部門の2部門が設定されているが、私はとりあえずフリー部門に参加。キットはHGUC リック・ドムII(ツヴァイ)。

HGUC リック・ドムII パチ組み

肩アーマーのデザインは、ラッキョウと揶揄される


 旧1/144 0080シリーズのリック・ドムIIも評価が高かった(むしろ、こちらの方が設定画的な個性と主張の強さにはあふれている)が、HGUC版ではあくまでドム系統MSとしてプロポーションも洗練(平均化)され、等身と全高が高くなった。ジャイアント・バズも大型して見栄えがいい。なお、リック・ドムIIとドム・トローペンは本来同系統のMSであるはずだが、本作はHGUC ドム・トローペンから、キットの完成度もプロポーションも完全に別物といっていいほど改善されている。いや、トローペンのキットが酷すぎたんだけど。このリック・ドムIIを芯にして改造したらかなりマシになる…かな?

 ちなみに、Twitter模型部第1回コンペの参加作品一覧は、途中経過も含めてこちらの掲示板にて閲覧できる。

≫ Read More

| HGUC リック・ドムII | 20:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。