≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MODELOCK アーバレスト その3

 塗装に向けて、モデロック アーバレストのパーツを洗浄。

MODELOCK アーバレスト パーツ洗浄

パーツ全部でも、たったこれだけ。まさに“塗る気にさせる”仕様


 しかし、見れば見るほど食玩状態(涙)。すべてのパーツがABS樹脂製なので、普通の模型用サフでは食い付かないかも。

 それにしても、ホント、いろんな所に玉ッコロ付いてるなァ。
スポンサーサイト

| MODELOCK アーバレスト | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロボ魂 アーバレストはどうよ

 ずっと白一色だったAmazonのROBOT魂 アーバレスト(AA)に色が付いた。が、この安っぽさは正直どうなのよ。

 大量生産のアクションフィギュアに過大な期待をする方が間違っている、といわれればそれまでだ。しかし、これが他にも選択肢が豊富なガンダム類ならともかく、ことファンが長く立体飢餓状態にあるフルメタ(完成度の高いフィギュアが出ると思えば高価だったり、発売延び延びだったり、プラモデルが出たと思えば食玩の親分みたいで萎えまくりだったり)では、ついつい期待してしまうのが人情ではないか。

 やはり本命は、アオシマの新製品(1/48 プラモデル)か。M9 ガーンズバック 相良宗助Ver. のサンプル画像(AA)を見る限り、プロポーションやディテールの落とし込みは、なるほどと納得のいくレベルになっている。が、個人的にM9は要らない。M9の設計はアーバレストを見越した作りになっている(ように思われる)ので、これが売れないとアーバレストが出ない、ということはあるまい。むしろ、アーバレストで利益回収率を上げる戦略だろう。つまり、いわゆる“お布施”は不要のはず。

 とはいえ、最悪の場合、M9 宗助機→M9 マオ機→M9 クルツ機(こっちが先か)→シリーズ終了、みたいなパターンもないとは断言できないが…。

 プラモデルは、スケール的に1/48のヘリや戦車と絡められるのも嬉しいポイント。腰の左右回転はなさそうだが…。あとは価格がもう少しなんとかなれば、とは思う。ともあれ、アオシマのアーバレストが店頭に並ぶその日をモデロック(食玩の親分)でも塗り塗り、楽しみに待つとしようか。

 

6/26追記:またロボ魂の写真が差し変わった。かなり良くなっているような気が!

| 雑談 | 12:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MODELOCK アーバレスト その2

 そういえば、前回のレビューで書き忘れていたことがあった。このキットには、ランナー枠を利用して作る簡易スタンドが付属しているのだ。ランナー外枠のボールジョイントが付いた一辺を切り取り、中央の窪みに差し込めば出来上がり。

MODELOCK アーバレスト ランナースタンド

ランナーを有効利用するアイディアは良かったが…


 うーん、貧乏くさい(笑)。これでもゲート部分を切り取ってかなり見栄えを整えたつもりだが、それでもご覧のとおりの風采だ。

≫ Read More

| MODELOCK アーバレスト | 16:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MODELOCK アーバレスト その1

 一時店頭から姿を消していたコトブキヤ モデロックのアーバレストが再生産されたようだ。当時買おうかどうか悩んだ挙げ句見送り、やはり買っておけば良かったと後悔したので、今回は迷わず購入。ABSの簡易インジェクションキットなので、定期的な再生産が期待できるものでもないだろうし。

MODELOCK アーバレスト ランナー内容物

バンダイのプロダクツに慣れていると、この時点ですでに萎え気味


 簡易包装のような箱を空けると、ABSランナー×2枠とチラシのような紙質の組み立て説明書が現れる。これは廉価版ガレージキットか、はたまた豪華版食玩か。

≫ Read More

| MODELOCK アーバレスト | 20:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。