≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SD ガンダムGP03D その2

 ステイメンを改造。このキット、形こそ間違いなくステイメンなのだが、どことなくそう見えないと感じるのは私だけだろうか。その原因は顔だと思う。GP03Dに限らず、この時代のSDシリーズキットでは目の周辺をほぼすべてホイルシールで再現するため、輝きはするが、立体感に欠ける。また、ツインアイが(とんでもなく)大きく描かれている関係で、それがカトキデザインであるステイメンのイメージにそぐわないのだ。<カトキデザインのガンダムは目が小さい印象で、大きいと大河原チックに見える

SD ガンダムGP03D マスク改造

ブレードアンテナはポリパテ+プラ板で延長して尖らせたが、この後に強度不足が露呈(アンテナ右側も補修状態)。元の長さに切り落として再度削り込み、先端を尖らせた


 そこで、こんなふうにプラ板でツインアイとクマドリ(?)を工作。ツインアイには0.5mm、クマドリには0.3mm板を使用した。ツインアイはやや大きめだが、これはSDなりのバランスを考慮した結果。なお、現行のBB戦士(ストライクガンダム以降か)のツインアイはモールド化されクマドリは別パーツとなり、立体感に富む満足度の高いものとなっている。見栄えの差を考慮すれば、この進化は必然といえるだろう。人形は顔が命。

 足はアンクルガード前のボルトモールドを切除&跡をポリパテで穴埋め。キットのデザインは、ステイメン“らしさ”を考えてここにボルトモールドを加えたのだろう。が、本来ステイメンのボルトはアンクルガードの奥にあるので、ボルトの頭がこの位置に見えるのは、実は誤り。ゲームCGでもボルトは見えない。

≫ Read More

スポンサーサイト

| BB戦士 デンドロビウム | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。