≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HGUC ブルーディスティニー2号機 その4

 以前にも書いたとおり、BD2の頭部脇にはヘルメットの合わせ目が来る。しかも、これがかなり目立つ。合わせ目を消すにはフェイス(ツインアイとアゴが一体になったパーツ)の後ハメ加工が必要。私もそれを狙ってマスクを切り離したはいいが、それだけでは後ハメできないことに気付き、ずっと頭を抱えていた。どうしよう、とTwitterでつぶやいてみたところ、esAdapterの柊さんがレスをくれた。

 「赤いパーツは裏側を削ってやれば下からすぽっと入ると思います。削り方はさじ加減で^^」

 そうか、裏側を削って下から入れる…いや、気付かなかった。柊さんに感謝!! これで安心してヘルメットを接着、合わせ目を消せる。ちなみに、柊さんはBD3号機を制作中。金属製のバーニアパーツや脚のラインを美しく繋げるためのアンクルアーマー加工など、見応えある工作が目白押しだ。

HGUC ブルーディスティニー2号機 頭部

「三」モールドの長さと位置、間隔は「それらしく」


 合わせ目を消した後、「三」モールドを再生。モールドには0コンマ数ミリのプラ板を使うとちょうど良さそうだが、市販の細プラ板は不相応に高いので、伸ばしランナーを使った。が、見栄えも特に問題なし。

≫ Read More

スポンサーサイト

| HGUC BD 2号機 | 14:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HGUC ブルーディスティニー2号機 その2

HGUC ブルーディスティニー2号機 上半身

さすがは「青の運命」…にとしても、青の色面が多すぎ


 腕が付いた。やはり、肩が青いというだけで圧倒的な違和感。ブルー2号機といえばニムバス機がデフォルトなのは、誰もが認めるところだろう。ここはどう考えても、肩パーツの成形色を赤にすべきだった。どうせ流用の都合があるんだろうけど、ここは赤パーツだけで小一枠付けてでも企業的判断としてやるべきだったと思う。

 成形色の話ついでに、肘関節も…外だけ白くて内側が青パーツ(白シールでカバー)って…。いくらなんでもこりゃあり得ないよなァ…。まぁ、関節の色が白ってのもどうかとは思う。<キンキラ関節のMSもあったけど

≫ Read More

| HGUC BD 2号機 | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HGUC ザクII その6

 真・マジンガーは、もうネット配信で観ることにした。放送時間に左右されないし、ノーカット版だから尺も長い。

 さて、HGUC ザクだが、実はまだパーツのヒケ取りもしていなければ、合わせ目すら消していないのだった。

HGUC ザクII 合わせ目処理&ヒケ取り

パーツをバラすと、作業が後退した気分になる


 なので、このあたりで再度バラバラにしてパーツを接着、必要な部分に溶きパテを塗布しておく。

≫ Read More

| HGUC ザクII | 14:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ジンハイマニューバ その7

 ロボット魂アーバレストが試作段階だそうだ。というか、その前にサベージの発売が7月に決まっているってのがスゴイ。バンダイプロダクツのアーバレストは魅力だけれど、完成品フィギュアというのがどうも…。どうせならHGASとかブランド作って、プラモデルで発売してほしい。でも、ヘビーメタルとオーラバトラーで懲りているだろうから、希望は薄そう。せめて、ロボ魂版発売までにはモデロックを塗りたいと思う。肉抜き穴は埋めない。



 ジンハイマニューバのスネは、膝関節がせっかくハメコミ式なのに、左右割りのパーツで前部足首ガードと後部スラスターベーンを挟み込む仕様となっているため、合わせ目ができてしまう。しかも、膝アーマーがスネパーツと一体である関係上、膝アーマーのど真ん中にも合わせ目が走っているのだ。この大変厄介な問題をみんなどのように克服しているのかググってみると、

1. 合わせ目を消すのは諦めてそのまま派
2. 普通に組んで接着後、合わせ目を消す派

の二派に大きく分かれるようだ。どちらも納得の対処法だが、ここでは敢えて別の方策を考えてみたい。

1/144 HG ジンハイマニューバ スネパーツ

膝アーマーの切断跡はこの後すり合わせる


 膝アーマーを切り離して合わせ目を消し、スネパーツはセンターの合わせ目を分割線として処理するのだ。面の情報量も増えて一石二鳥! とはいえ、機動兵器として、スネ前面に装甲の合わせ目が来るのはどうかとも思うが…。ただ、それさえも「上手く行けば」の話。正直、今はちょっとだけ後悔している。

| HG ジンハイマニューバ | 19:06 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ジンハイマニューバ その5

 続いて、肩アーマーを後ハメ加工。組み立て説明書の写真では、上腕の軸をはめ込む(肩アーマー側の)ダボをこっそり切り欠いている(笑)。確かにこれがオーソドックスな手法ではあるが、もっと簡単な後ハメ方法を思いついたので、ご紹介したい。

1/144 HG ジンハイマニューバ 肩 後ハメ

スジボリに沿って切断


 まず、アーマーを組み付けて接着し、中央の合わせ目を消す。そして、前後にあるスジボリの片方に沿って切断、写真のように分割線を変えてしまうのだ。本来、スジボリは途中で折れ曲がっているのだが、この折れを無視し突き抜けて切断してしまおう。

≫ Read More

| HG ジンハイマニューバ | 10:43 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。