≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

月刊モデルグラフィックス 5月号

 仕事がまったく終わらず、模型から遠ざかっていたらストレスを溜め込んでしまい、頭痛はするわ首のリンパも歯肉も腫れるわで身体がボロボロ。耳下腺の痛みに耐えかねて耳鼻科に行ったが治らず、整体にも行ってみたが目に見えた効果はなし。仕方なく、明日は歯医者に行く予定。やはり、どんなに忙しくても、好きなことを完全に断つのはよろしくないようだ。みなさまも、くれぐれも心身ともに御自愛あれ。

月刊モデルグラフィックス 5月号

作例表紙でなかったのは意外であり、またMGの表紙作りの上手さでもある


 模型には一切触れなかったが、モデグラは買った。特集は、モナカキットで作るMSV(正しくは「ガンプラ原点回帰主義 旧MSV「モナカキット」を作り倒せ!」)。切った貼ったでプロポーションの延長やら関節の置き換えといった基本工作(基本かよ!)を駆使してカッコ悪い作例(笑)を作るという内容。

 記事の内容はこれはこれで大変面白かったのだが、ちょっとだけ気になったのは、記事の視点と対象読者層が第一次ガンプラブーム直撃世代&プラモ狂四郎(おぉ、一発で変換した!)世代、つまり我々向けだったこと。いや、当該テーマに関心があり、そのために本やキットを買ってくれる層を考えれば、こうならざるを得ないのは十分理解できるのだ。でも、本当はこの記事が「ガンダムが、プラモデルが好きだけど、高額化するMGやHGUCはそうそう買えない若者たち」に向けて、「安価な旧キットだって、こんなふうに作れば十分カッコイイ!」的な内容だったら、模型業界の先行きに一条の光が見えて、少しだけ幸せな気分になれたかなぁ、とも思ったのだった。



 私的なトピックスは、MGグフ2.0より、アオシマが予定しているというまさかのM9ガーンズバック。しかも相良宗介仕様という、壮絶な日和見っぷり(笑)! まぁ、確かに、アーバレストを先に出しちゃったらそれしか売れないだろうからなァ。いずれにしてもアーバレストは出るだろうから、(アオシマという部分に一抹の不安はあるものの)個人的にロボ魂版は不要になりそうだ。

 コトブキヤのテムジンO.M.Gは発売時こそ関心がなかった(ハセガワの初期テムジンすらまだ組んでないし)が、作例の出来の良さは思わず見惚れるほど。これは欲しいと思ったが、製作記事本文中に「デザイン的な問題で後ハメ加工は難しい」とあるのを見て、やがて正気を取り戻した。あと少しで買うところだった。あぁ、危ない。
スポンサーサイト

| 模型雑誌 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ジンハイマニューバ その6

 ザクの意匠を受け継ぐジン(マスクのデザイン的にはゲルググの方が近いが)は、当時のキットの例に漏れずマスクとモノアイシールドが一体成形され、モノアイはシールで再現されるようになっている。この仕様も今さらなので、できればモノアイを再現したい。が、頭部パーツを見渡す限り、それに適したパーツ構成にはなっていないようだ。

1/144 HG ジンハイマニューバ 頭部

マスクパーツ側に、のりしろ用のプラ板片を接着


 でもまぁ、いざとなれば何か手は見つかるだろうと、あまり後先考えずにシールド部分を切除。

≫ Read More

| HG ジンハイマニューバ | 10:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ジンハイマニューバ その5

 続いて、肩アーマーを後ハメ加工。組み立て説明書の写真では、上腕の軸をはめ込む(肩アーマー側の)ダボをこっそり切り欠いている(笑)。確かにこれがオーソドックスな手法ではあるが、もっと簡単な後ハメ方法を思いついたので、ご紹介したい。

1/144 HG ジンハイマニューバ 肩 後ハメ

スジボリに沿って切断


 まず、アーマーを組み付けて接着し、中央の合わせ目を消す。そして、前後にあるスジボリの片方に沿って切断、写真のように分割線を変えてしまうのだ。本来、スジボリは途中で折れ曲がっているのだが、この折れを無視し突き抜けて切断してしまおう。

≫ Read More

| HG ジンハイマニューバ | 10:43 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ジンハイマニューバ その4

 戦艦の主機を流用したという破天荒な設定のMMI-M729。モナカ合わせなので合わせ目を消したいところだが、接続アームを挟み込んでいるので塗装には厄介だ。そこで、後ハメ加工。

1/144 HG ジンハイマニューバ MMI-M729 後ハメ

アタリ線を引いておくと格段に作業しやすい


 まず、パーツを接着せずに組み、リングパーツを逆さに被せて切断位置に合わせる。そして、これをガイドにして、油性マーカーでアタリ線を引く。

≫ Read More

| HG ジンハイマニューバ | 06:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ジンハイマニューバ その3

 HG セラフィムガンダムのリリースを気にもかけず、ジンハイマニューバを弄る。今回の改造箇所は、懸案の下半身。腰アーマーの厚みを増し、太腿にロール軸を追加した。

 ジンハイマニューバのコンセプトは、装甲強化と高機動化の両立であることが見てとれる。が、こと装甲に関して強化されたらしき箇所は、胸部と腰のフロントアーマー程度だ。肩とスネには増加装甲があるものの、どちらかというとこれも高機動化を強調するデザイン。左右および後部の腰アーマーに至ってはジンそのままなので薄っぺらく、どうにも心許ない。

1/144 HG ジンハイマニューバ 改造箇所

腰アーマーの曲率に沿ってプラ板を貼るのが意外に難しい


 そこで、1.2mmプラ板を貼り込み、重厚感の向上を狙う。アーマーはゆるやかに湾曲しているので曲率に合わせてプラ板を曲げ、貼り込んだ後に整形。ここで注意したいのは、できるだけ流し込み接着剤を使わないことだ。私は使ってしまったためパーツに多数のクラックが入り、修正に手間取ってしまった。

≫ Read More

| HG ジンハイマニューバ | 13:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。