| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

月刊モデルグラフィックス 5月号

 仕事がまったく終わらず、模型から遠ざかっていたらストレスを溜め込んでしまい、頭痛はするわ首のリンパも歯肉も腫れるわで身体がボロボロ。耳下腺の痛みに耐えかねて耳鼻科に行ったが治らず、整体にも行ってみたが目に見えた効果はなし。仕方なく、明日は歯医者に行く予定。やはり、どんなに忙しくても、好きなことを完全に断つのはよろしくないようだ。みなさまも、くれぐれも心身ともに御自愛あれ。

月刊モデルグラフィックス 5月号

作例表紙でなかったのは意外であり、またMGの表紙作りの上手さでもある


 模型には一切触れなかったが、モデグラは買った。特集は、モナカキットで作るMSV(正しくは「ガンプラ原点回帰主義 旧MSV「モナカキット」を作り倒せ!」)。切った貼ったでプロポーションの延長やら関節の置き換えといった基本工作(基本かよ!)を駆使してカッコ悪い作例(笑)を作るという内容。

 記事の内容はこれはこれで大変面白かったのだが、ちょっとだけ気になったのは、記事の視点と対象読者層が第一次ガンプラブーム直撃世代&プラモ狂四郎(おぉ、一発で変換した!)世代、つまり我々向けだったこと。いや、当該テーマに関心があり、そのために本やキットを買ってくれる層を考えれば、こうならざるを得ないのは十分理解できるのだ。でも、本当はこの記事が「ガンダムが、プラモデルが好きだけど、高額化するMGやHGUCはそうそう買えない若者たち」に向けて、「安価な旧キットだって、こんなふうに作れば十分カッコイイ!」的な内容だったら、模型業界の先行きに一条の光が見えて、少しだけ幸せな気分になれたかなぁ、とも思ったのだった。



 私的なトピックスは、MGグフ2.0より、アオシマが予定しているというまさかのM9ガーンズバック。しかも相良宗介仕様という、壮絶な日和見っぷり(笑)! まぁ、確かに、アーバレストを先に出しちゃったらそれしか売れないだろうからなァ。いずれにしてもアーバレストは出るだろうから、(アオシマという部分に一抹の不安はあるものの)個人的にロボ魂版は不要になりそうだ。

 コトブキヤのテムジンO.M.Gは発売時こそ関心がなかった(ハセガワの初期テムジンすらまだ組んでないし)が、作例の出来の良さは思わず見惚れるほど。これは欲しいと思ったが、製作記事本文中に「デザイン的な問題で後ハメ加工は難しい」とあるのを見て、やがて正気を取り戻した。あと少しで買うところだった。あぁ、危ない。
スポンサーサイト

| 模型雑誌 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月刊ホビージャパン 4月号

 模型誌は、もうモデルグラフィックスだけでいいや。そう思っていた時期が私にもあった。が、最近は、特にガンプラに限っていえば、作例の個性を味わうならホビージャパンだと感じている。雑誌としての文字情報を楽しむなら依然MGも魅力的ではあるが、今月号はF1特集で…。正直、これにはあまり興味がないのだ。世間的にもF1なんて思いッ切り下火(時代の潮流的にも衰退していく文化)だろうに。それを承知で毎年特集を組むMGも勇気があるというか、ポリシーが徹底しているというか。それとも、実際には相応のニーズがあるのか。

 いや、それでも雑誌として好きなのは、やはりMGなのだ。たとえガンプラ作例が素組みでも、誤植が多くても。ページデザインのセンスも良いし、写真もキレイだし、能書きや蘊蓄も読みごたえがあるし。

月刊ホビージャパン 4月号

表紙に美少女フィギュアの写真はイラネ


 しかし、今回はこの表紙にノックアウトされ、レジへ直行。実は近ごろとみにザク係数が高かったので、このフルディテールザクには唸らされた。そう、コレコレ! こういうのが見たかったんだよ。今関わっている仕事が終わったら、ザク作ろう。

| 模型雑誌 | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

電撃ホビーマガジン2月号付録 GNセファー

 正式発売日より4日遅れではあるが、GNセファー付きの電撃ホビーマガジン2月号を買ってみた。近所の中型書店で買ったのだが、これがラスイチでギリギリセーフ。先月号のラジエルより捌けが早い気がする。それともアレか、みんなヴェーダ(編集部)の推奨プランどおり3冊買いしているのか。

 さて、MGシナンジュ Ver.Kaに興味のない私にとって本体の雑誌は特に見るべき所もないので、さっそく目的の付録キットの箱を空けてみる。

電撃ホビーマガジン2月号付録 GNセファー ランナー状態

ラジエル同様、白一色成形のランナー1枚構成だが、別途台座が封入されている


 相変わらずシンプルなキット構成ではあるが、シャープなエッジが実に小気味良い。バンダイ製キットでありながらバンダイプロダクツという枠から外れているため、いわゆる“バンダイエッジ”がなく、EXモデル的なメリハリの効いた立体感がある。

≫ Read More

| 模型雑誌 | 12:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。