| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG GN-X III(連邦軍型) その1

 この週末、近所のトイザらスでは1/144 HGティエレン地上型が500円、宇宙型が700円で投げ売られていた。ティエレン自体セカンドシーズンで見る影もなかったり、今月は決算期だったり、ベビーザらス(コーナー)併設によりプラモデルコーナーの規模縮小があったりと理由はあるのだが、にしてもキットの優秀さを考えるときわめてお買い得だ。が、誰も手に取らない。取らないよなァ。これがせめてタオツーなら、検討の余地はあった(かもしれない)。

■「不死身のコーラサワー、ただいま参上~!」
 さて、ガンダムOO本編も最終回が近付いてきた。積んでいた1/144 HG GN-X III(連邦軍型)を片付け半分で組んでいたら、本日まさかの大活躍。しかも、パイロットはコーラサワーをはじめアロウズに反旗を翻したマネキン軍団。セルゲイも生きているらしき描写があったし、大方の予想通りかつお約束とはいえ、燃える展開キター!

 関係ないけど、大量生産ブリング/ディバインはビックリドッキリメカに見えた。大河原リスペクトがこんなところに!

1/144 HG GN-X III(連邦軍型)

淡い藤色の成形色には品の良さを感じるが、劇中のカラーではもっと彩度が高い(青に近い)印象


■“単なる成形色替え”キット
 キットは、アロウズカラーのGN-X IIIの単なるパッケ&成形色替え。この「単なる」レベルのキットといえば、やれ“バンダイ商法”だの“商売優先の新設定”だのと罵られがち。もちろん、そういった都合もあるにはあるだろう。が、今まであった多くのバリエーションキットのように武装違いでもなく、頭部やバックパックなどの一部デザイン変更でもなく、形状そのものはまったく同じというものは珍しい。一連のエキストラフィニッシュやメッキバージョンを別とすれば、他にはG3ガンダムくらい? HGUCリックドムIIのライトグリーンVer.もそうだったか。

 こういった商品の成立は、無塗装派のユーザーが圧倒的に多い現実をメーカーがしっかり認識していることの証左だ。そういった意味では、トランザムカラーもまた同系統のプロダクツといえる。

 パーツ内容的にアロウズカラーのGN-X IIIと唯一異なるのは、付属シール。まぁ、あちらは太腿色分け用の、あの大判シールが付いていたからね。

 先にも述べたとおり、GN-X IIIは基本的にGN-Xのランナーを利用し、胸や腰のバインダーなどを独自パーツのランナーを切り替えている。が、この配置が実に的確で、組み立て後の余剰パーツが(ポリキャップ以外)一切出ないのには拍手喝采だ。最初からバリエーションキットの発売を見込んではいたのだろうが、それにしても美しい。GN-Xを組んだときにも感じたが、この設計者は相当に非凡な能力の持ち主ではなかろうか。

≫ Read More

スポンサーサイト

| HG GN-X III(連邦軍型) | 19:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HG ジンクスIII 連邦カラーの画像

 いつのまにか、Amazonに画像が上がっていた。予想以上にイイ感じ。配色も落ち着いていて成形色での色分けもバッチリ、無塗装派にも安心だ。例のマリー・パーファシー絡みの名シーン(2ndシーズン第7話)でセルゲイの乗機として登場していることから、イメージもいい。問題は、この先どれほど活躍するか。

 ちなみに、ボックスアートは出色の出来。まさに第7話の帰還シーンがモチーフとなっており、アレルヤを捜索に向かうケルディムも描かれている。現在までの登場シーンがここだけとはいえ、あえて戦闘シーン(活躍想像図)を製品イメージとしなかったのは、森下直親氏はじめデザインスタッフの知恵と英断だろう。MSが単なる兵器ではなく、ドラマを背負ったキャラクター性をもって描かれているのが素晴らしい。

 キットはおそらくアロウズカラーの成形色&パッケージ(取説含)替え。プラモデルとしては順当なプロダクツではあるが、一方、同様の方法で発売できるはずのカタロンMS群は黙殺。もっとも、今のところカタロン機は殺陣のヤラレ役でしかないから無理もない。せめて、クラウスあたりが乗り込んでひと暴れしてくれれば、あるいは…。いや、現時点での本編の流れから、出るのはジンクスIII(カタロンカラー)だったりして(笑)。



 ところで、本エントリーでは「連邦カラー」と書いているが、Amazonでの表記は「連合カラー」。どちらが正しいのか、それを考えてると一晩中寝られないの(春日三球)。というわけで、公式サイトを調べてみた。以下、ストーリー紹介引用。
ソレスタルビーイングと、国連軍との最終決戦から4年。地球連邦政府を樹立した人類は、さらなる国家の統合、人類の意思統一を目指すべく、連邦正規軍とは別に、独立治安維持部隊『アロウズ』を組織する。

 やはり「連邦」が正しいらしい。けれど、パッケージ表記を見たら、正式名称は「連邦軍型」だったというオチ(笑)。いや、型はアロウズと同じでしょ(ツッコミ)。なお、「地球連合」は、「機動戦士ガンダムSEED」での組織名称

追記:HG ジンクスIII連邦軍型の出荷予定日は1月28日(Amazonでの発売予定日は30日)。「連合カラー」でググってみると、結構な数の販売情報がヒットする。ということは、バンダイまたは問屋から販売店へのリリースの段階で誤記されていた可能性が高い。

| HG GN-X III(連邦軍型) | 06:43 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。