| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BB戦士 三国伝 大史慈ドム その2

 地道にマスキングテープを貼れば良かった。が、後悔先に立たず。クレオスのマスキングゾル改は、乾燥後にカットして使用できるが、ナイフの刃が滑って本体に傷を付けるリスクが非常に大きい(というか、大きすぎる)。

BB戦士 三国伝 大史慈ドム マスキング

緑色に見えるのがマスキングした部分


 また、ナイフの刃を入れる際にはかなりの集中力と緊張感を必要とするので、パーツ数が多いとモチベーションが持続できない→ミス発生→モチベーションが下がる、の悪循環。どうしてもマスキングテープが貼れない個所にポイント的に用いるのが正しい使い方と思い知った。

 はみ出し個所を切って剥がす際、予想以上に塗膜を持って行かれてしまった。刃が滑って傷が入ってしまった部分と併せて、どう修正するかが悩みどころだ。もう少しで完成と踏んでいたが、作業的には大きく後退した気分…。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 三国伝 大史慈ドム | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BB戦士 三国伝 大史慈ドム その1

 「ケロロ軍曹」の放送枠を半分にぶった切って放映開始された「SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors」に影響されて、久しぶりにBB戦士を買ってしまった。主人公クラスのガンダム陣を避け、選んだのは大史慈ドム。キャラの知識はまったくないが、キットの出来が良いことは、模型誌の新製品情報で知っていた。

BB戦士 三国伝 大史慈ドム 下地塗装

これはこれで渋くてカッコイイ気もする


 SDなりのプロポーションとプレイバリュー満載の変形合体ギミックを両立させたハイコストパフォーマンス・キットというのが、とりあえず組んだ感想。本体やアタッチメント各所に設けられたダボのサイズが共通化されているおかげで、シリーズのキットを組みあわせて思いもよらない機体(?)を作ることができるのが楽しい。加えて、技術的にも見どころ満載。たとえば、脚部スカートは太ももまで含めた一体成形。筒状の太ももから曲率が反転してフレアになる、こんな複雑なパーツが一発で抜けるとは! このような高度なインジェクション技術がふんだんに使用され、パーツ数を巧みに抑えている。

 兜の分割部分を接着して各所のパーティングラインを処理、いきなり下地に黒を塗装。今考えれば、やはりサフ工程を省略すべきではなかったと後悔。実際、表面処理の甘さから下地を剥がして表面処理をし直すハメになった。上の写真はまさにその状態で、これは次回への反省材料。

≫ Read More

| 三国伝 大史慈ドム | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SD ガンダムGP03D その4

 仕事がデスマーチ状態。模型を弄っている時間がないので、報告程度に更新。

SD ガンダムGP03D 武器肉抜き穴埋め

本来なら両手にバズーカだが、まぁ、そこはそれ


 フォールディングバズーカとビームライフルは、結局こんな感じに。バズーカの後方は、ただ埋めただけだと面白くなさすぎるので、プラ棒でディテールらしく処理した。

 ちなみに、ステイメンが武器(特にバズーカ)を保持できているのは、肘関節にプラサポを使用していないから。

≫ Read More

| BB戦士 デンドロビウム | 11:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SD ガンダムGP03D その3

 バーニアノズルの複製に挑戦。型取りに使ったのはダイソーの「おゆまる」。熱で柔らかくなり、冷めると固まる樹脂で、懐かしの「型想い」とほぼ同じアイテムと思っていい。

 やかんにお湯を沸かし、カップに注いでおゆまるを投下、柔らかくなったら原型に押し付ける。冷蔵庫に入れて5分ほど待ち、冷えたら剥がして原型を取り出し、代わりに成形剤(レジンキャストやポリパテあるいはエポパテなど)を注入して、型を元通りに組みつけ、成形剤の凝固を待つ。なお、今回は成形剤にポリパテを使った。

おゆまるでバーニア複製

黄色のおゆまるを使うと、ポリパテをどこまで詰めたか判らないことが発覚!


 しかし、型を三方向に分割してみたりもしたものの、今ひとつ精度が出せない。円筒が歪んでいたり、縁が欠けたりしてしまうのだ。原因は修行不足か、はたまたバーニアノズルの形状がこの手法に向いていないのか…。

 ともあれ、ここでトライ&エラーを延々繰り返していても時間の無駄なので、今回は諦めてコトブキヤのM.S.GバーニアノズルIVをもうひとつ買ってきた。<敗北宣言

≫ Read More

| BB戦士 デンドロビウム | 11:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SD ガンダムGP03D その2

 ステイメンを改造。このキット、形こそ間違いなくステイメンなのだが、どことなくそう見えないと感じるのは私だけだろうか。その原因は顔だと思う。GP03Dに限らず、この時代のSDシリーズキットでは目の周辺をほぼすべてホイルシールで再現するため、輝きはするが、立体感に欠ける。また、ツインアイが(とんでもなく)大きく描かれている関係で、それがカトキデザインであるステイメンのイメージにそぐわないのだ。<カトキデザインのガンダムは目が小さい印象で、大きいと大河原チックに見える

SD ガンダムGP03D マスク改造

ブレードアンテナはポリパテ+プラ板で延長して尖らせたが、この後に強度不足が露呈(アンテナ右側も補修状態)。元の長さに切り落として再度削り込み、先端を尖らせた


 そこで、こんなふうにプラ板でツインアイとクマドリ(?)を工作。ツインアイには0.5mm、クマドリには0.3mm板を使用した。ツインアイはやや大きめだが、これはSDなりのバランスを考慮した結果。なお、現行のBB戦士(ストライクガンダム以降か)のツインアイはモールド化されクマドリは別パーツとなり、立体感に富む満足度の高いものとなっている。見栄えの差を考慮すれば、この進化は必然といえるだろう。人形は顔が命。

 足はアンクルガード前のボルトモールドを切除&跡をポリパテで穴埋め。キットのデザインは、ステイメン“らしさ”を考えてここにボルトモールドを加えたのだろう。が、本来ステイメンのボルトはアンクルガードの奥にあるので、ボルトの頭がこの位置に見えるのは、実は誤り。ゲームCGでもボルトは見えない。

≫ Read More

| BB戦士 デンドロビウム | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。