| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HGUC ブルーディスティニー2号機 その4

 以前にも書いたとおり、BD2の頭部脇にはヘルメットの合わせ目が来る。しかも、これがかなり目立つ。合わせ目を消すにはフェイス(ツインアイとアゴが一体になったパーツ)の後ハメ加工が必要。私もそれを狙ってマスクを切り離したはいいが、それだけでは後ハメできないことに気付き、ずっと頭を抱えていた。どうしよう、とTwitterでつぶやいてみたところ、esAdapterの柊さんがレスをくれた。

 「赤いパーツは裏側を削ってやれば下からすぽっと入ると思います。削り方はさじ加減で^^」

 そうか、裏側を削って下から入れる…いや、気付かなかった。柊さんに感謝!! これで安心してヘルメットを接着、合わせ目を消せる。ちなみに、柊さんはBD3号機を制作中。金属製のバーニアパーツや脚のラインを美しく繋げるためのアンクルアーマー加工など、見応えある工作が目白押しだ。

HGUC ブルーディスティニー2号機 頭部

「三」モールドの長さと位置、間隔は「それらしく」


 合わせ目を消した後、「三」モールドを再生。モールドには0コンマ数ミリのプラ板を使うとちょうど良さそうだが、市販の細プラ板は不相応に高いので、伸ばしランナーを使った。が、見栄えも特に問題なし。

≫ Read More

スポンサーサイト

| HGUC BD 2号機 | 14:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HGUC ブルーディスティニー2号機 その3

 HGUC BD2が、どうにか形になってきた。組むのに時間がかかったのは、例によって途中で他のキットにかまけていたせいもある。

HGUC ブルーディスティニー2号機 パチ組み

まだ左肩や左脚にヒケが目立つ


 けれど、パーツが全身ヒケだらけで平面が波打っていたり、ゲートとパーツの接続部がむくんでしまっていたりで、地味にコツコツペーパーをかけなければならなかったことも無視できない。

≫ Read More

| HGUC BD 2号機 | 20:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HGUC ブルーディスティニー2号機 その2

HGUC ブルーディスティニー2号機 上半身

さすがは「青の運命」…にとしても、青の色面が多すぎ


 腕が付いた。やはり、肩が青いというだけで圧倒的な違和感。ブルー2号機といえばニムバス機がデフォルトなのは、誰もが認めるところだろう。ここはどう考えても、肩パーツの成形色を赤にすべきだった。どうせ流用の都合があるんだろうけど、ここは赤パーツだけで小一枠付けてでも企業的判断としてやるべきだったと思う。

 成形色の話ついでに、肘関節も…外だけ白くて内側が青パーツ(白シールでカバー)って…。いくらなんでもこりゃあり得ないよなァ…。まぁ、関節の色が白ってのもどうかとは思う。<キンキラ関節のMSもあったけど

≫ Read More

| HGUC BD 2号機 | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HGUC ブルーディスティニー2号機 その1

 思えば、まともに製作ネタをアップしたのは、2ヶ月前のエントリーが最後。以来ほとんどプラモを触っていなかったので、そろそろ禁断症状が…。そこで、何か作ろうと在庫の中から適当にピックアップしてみたらコレだった。HGUC ブルーディスティニー2号機。

 発売(2007年4月)と同時に買った記憶があるから、2年以上も積んでいたことになる。が、これが2年以上手を付ける気になれないのもやむなし、という内容で…。

HGUC ブルーディスティニー2号機 上半身

腰パーツのアレンジもどうかと思う。円筒に近い筒型デザインがBDの特徴のひとつだろう。本来グレーであるべき成型色も黒すぎる


 設定厨が陸戦ガンダムとの整合性を強調したいのはわかる。が、ガンプラでそれをやる必要は本当にあったのかは大いなる疑問。そもそも、HGUCシリーズに設定的なまとまりなどハナッからないのだ。HGUCグフだって、HGUCザクの強化新型には見えない。

≫ Read More

| HGUC BD 2号機 | 12:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。