| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MG ジム・クゥエル その2

 数年ぶりに、電撃ホビーマガジン(なんと2003年1月号!)の懐かしの付録キット、「ヘイズルヘッド」を発掘。せっかくなので組み込んでみた。が…。

MG ジム・クゥエル ヘイズルヘッド付き 全身

面構成やディテールの形状、粗密などが、首から上と下でまったく異なってしまう


 うーん。頭部キットとしては分割も多く、決して悪い出来ではないのに、どうにもバランスがよろしくない。おそらくは、首から上と下が、まったく違うデザインルールで成り立っているから、いかにも“余所から持ってきました”的風情になってしまうのだろう。とはいえ、そもそも(設定的にも)そういうコンセプトの機体なのかも(あの小説は文体が苦手なので、内容はほぼ知らない)、とも思える。

≫ Read More

スポンサーサイト

| MG ジム・クウェル | 12:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MG ジム・クゥエル その1

 何年かぶりにMG(マスターグレード)シリーズを組んでみた。しかも、ジム・クゥエル。0083の最終回に一瞬だけ映るMSがまさかの商品化!? と、当時、多くの国民を困惑させたキットだ。それも今となっては古い話になってしまったが、それでもさすがはMG。30センチ弱の大きさに加え、フレーム入りの脚部はどっしりとしていて、組みながらその重量感を味わうことができるのが嬉しい。

MG ジム・クゥエル パチ組み

このキットもまた、工作の最大の障壁は全身のヒケか


 頭部が前後貼り合わせだったり、大型バックパックの裏側が筒抜けでスカスカだったりと、設計思想の古さを痛感させられる箇所もあるにはある。が、基本的にはプロポーションも良好で組みやすく、特に上半身は立体感に富み、それでいて手を入れたくなる部分もふんだんに残されているという、価格以上の満足感を得られる良キットだ。

 ただし、MGガンダムMk.IIやNT-1アレックス、ジム・カスタムのパーツを組み合わせて設計されたリサイクルキットのため、カトキ先生のオリジナルデザインとは別物と思った方がいい。

| MG ジム・クウェル | 17:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。