2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ティエレン地上型 その6

 “ティエレン”で検索して来る人の少なさよ(笑)。でも、気にしない。

 さて、腰アーマー内部の肉抜きが予想以上に目立つ。ティエレンのキャラとしては、“ここはこういう(鉄板折り曲げ)構造”ということでも一向に構わないとは思うのだが、一度気になってしまうと止まらなくなるので、ポリパテでふさいでおく。

1/144 HG ティエレン地上型 腰アーマー内部

適当に切ったプラ板を現物合わせではめ込むだけでもいいと思う


 この部分、実は結構複雑な形状で、ふさごうとすると意外に面倒。まず、プラ板片を貼り付けてひとつの面を作り、これを堰にするようにポリパテを充填していくと作業しやすい。

≫ Read More

スポンサーサイト

| HG ティエレン地上型 | 11:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/144 OO HGシリーズが容赦ない連続リリースな件

 とりあえず、1/144 HG オーライザーとHG ジンクスIII 連邦軍型を買ってきた。今回の箱には、さすがに超ネタバレはナシ。例のヤマダ電機の玩具部門は心を入れ替えたかもしくは仕入担当者の移動があったらしく、メーカー出荷日翌日というのにキッチリ入荷済み。うーん、素晴らしい。でも、本来はそれが普通。

1/144 HG GN-X III(連邦軍型) & HG オーライザー ボックスアート

GN-X III(連邦軍型)は単なる成形色替えキットであるにも関わらず、やはりこのボックスアートで買ってしまうという声が少なくない


 それにしても、前回のGNアーチャーとガデッサといい、今回といい、2タイトル同時リリースの連続に加え、来月にはセラフィムやら全領域型ティエレンやらが控えている、まさかのHGラッシュ。しかも、劇中でまともに活躍したのはガデッサとオーライザー(これもほぼくっついているだけだが)くらいで、ほかはどれも微妙な存在感…。

 逆にいえば、それだけバンダイにも力が入っている証拠で、それはセカンドシーズンのキットの高品質ぶりにも如実に表れていると思う。アルケーガンダムがキット化されないのが不思議なくらいだ。この勢いなら、トリロバイトやメメントモリまで発売されかねないのでは…。などと書いている自分も、さすがにそれはいくらなんでもとは思うのだが、いやなに、相手はMG 真・武者ガンダム節句仕様やPGアストレイを製品化してしまうほどのメーカーだから、侮ってはいけない。

| 1/144 HG/HGUC | 18:09 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ティエレン地上型 その5

 股間ウィンチのディテールを追加。真鍮線を軸に、しつけ糸を巻き付けて瞬着で固定。スプリングを使った方が見栄え的にはキレイだが…。

1/144 HG ティエレン地上型 ウィンチ

塗装すれば見栄えももう少し改善されるはず(と信じたい)

| HG ティエレン地上型 | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ティエレン地上型 その4

 引き続き、ティエレン地上型をちまちまと弄る。手を入れるごとに格好良くなっていく反面、どんどんガンダム世界から離れていくような気も。

1/144 HG ティエレン地上型 上半身アップ

肩の投光器にはバイザーを追加。もし、これが投光器じゃなかったとしても、もう遅い(追記:1/100キットの取説には、センサーとあった…)


■そして次週、6万人大虐殺か!?
 セルゲイタオツーのカラーは青だったけれど、カタロンじゃなかったね。しかし、あれだけの巨大兵器メメントモリがもう一機…。

 ネーナが横流しした情報になかったということは、留美も2号基の存在を把握していなかったのか。隠匿しておける規模でもないだろうし、特に伏線もなかった(と思う)ので、どうも後出しジャンケン臭い。いや、ドラマにおいては後出しジャンケンも十分アリなのだけれど、もうちょっとキレイにまとめられたらベターだったのに、とは感じる。もう一基くらいあっても不思議じゃないよなぁ、では、少々うっちゃりすぎ。

 一機目が沈んだ後、トレミーを追撃してきた3機(エンプレスエンプラス・ガデッサ・ガラッゾ)がそれ(2号基)らしき場所付近の艦隊から発進するシーンがあるとか、リボンズがなぜかまだ余裕の表情(猫口)をしているとか、マネキン率いる艦隊がそちらの防衛へ回されて「こ、これは…!」(驚くマネキンの表情。2号基は映らず)みたいな、その程度の前振りがあっても良かったと思う。というのはさておき、次週予告ではさっそく墜ちている(オービタルリング上で爆発している)ようにも見えるが…。



 ところで、事件が起こるたびに、事件は反政府テロリストによるものと判明、テロリスト憎し、しかし私たちは国民の平和のため断固云々、を繰り返す連邦(を騙るアロウズ)の発表は、旧ブッシュ政権への痛烈な批判であるように思えてならない。

| HG ティエレン地上型 | 11:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ティエレン地上型 その3

 プラ板片と市販パーツで、プチ・デコレート。と書くと簡単だが、実際にキットに直面すると、どこにどんなパーツを貼り付ければいいのやら。そこで、1/100ティエレンの写真を参考にディテールを配置していく。もちろん、そのまま再現は色々な意味で無理なので、スケールと諸事情に合わせた間引き&解釈変更を存分に。

1/144 HG ティエレン地上型 ディテール追加

各所のリベットモールドが“雰囲気”


 結果、そこそこ変わったような、そうでもないような。股間のバー風モールドは、中途半端なので削り落とした。ここは本来、ウィンチなのだろう。後で、よりウィンチらしく見えるものを自作して組み込む予定。

≫ Read More

| HG ティエレン地上型 | 12:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。