2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ジンハイマニューバ その7

 ロボット魂アーバレストが試作段階だそうだ。というか、その前にサベージの発売が7月に決まっているってのがスゴイ。バンダイプロダクツのアーバレストは魅力だけれど、完成品フィギュアというのがどうも…。どうせならHGASとかブランド作って、プラモデルで発売してほしい。でも、ヘビーメタルとオーラバトラーで懲りているだろうから、希望は薄そう。せめて、ロボ魂版発売までにはモデロックを塗りたいと思う。肉抜き穴は埋めない。



 ジンハイマニューバのスネは、膝関節がせっかくハメコミ式なのに、左右割りのパーツで前部足首ガードと後部スラスターベーンを挟み込む仕様となっているため、合わせ目ができてしまう。しかも、膝アーマーがスネパーツと一体である関係上、膝アーマーのど真ん中にも合わせ目が走っているのだ。この大変厄介な問題をみんなどのように克服しているのかググってみると、

1. 合わせ目を消すのは諦めてそのまま派
2. 普通に組んで接着後、合わせ目を消す派

の二派に大きく分かれるようだ。どちらも納得の対処法だが、ここでは敢えて別の方策を考えてみたい。

1/144 HG ジンハイマニューバ スネパーツ

膝アーマーの切断跡はこの後すり合わせる


 膝アーマーを切り離して合わせ目を消し、スネパーツはセンターの合わせ目を分割線として処理するのだ。面の情報量も増えて一石二鳥! とはいえ、機動兵器として、スネ前面に装甲の合わせ目が来るのはどうかとも思うが…。ただ、それさえも「上手く行けば」の話。正直、今はちょっとだけ後悔している。
スポンサーサイト

| HG ジンハイマニューバ | 19:06 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザクマシンガンを劇中イメージで構えてみる

 幾度となく書いているように新しいキットに手を出す時間の余裕がないので、モデロック アーバレストのヒケを取ったり、例のHGUCザクにポーズ付けをする程度で気分を紛らす。いわゆる代償行為とか、心理学で言うところの昇華というやつだ。ちなみに、かの横山宏氏は、多忙で模型を触れないときは塗料の瓶を撹拌して気を紛らす、という話をかつてモデグラの記事で読んだような気がする。さすが御大。

1/144 HGUC ザクII

肩のポリキャップが想像以上に目立つので、できれば改善したい。根本的に接続方法を見直すのがベストだが…


 ザクマシンガンを劇中イメージで構えてみた。ビデオなどを見ながらポーズを付けたわけじゃないので、あくまでもイメージ。

 「へへへ、怯えてやがるぜ、このモビルスーツはよぉ!」

≫ Read More

| 1/144 HG/HGUC | 21:08 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HGUCザクII リベンジへの課題

 早く仕事を終わらせてザク作りたい。本来、この情熱はMG2.0にぶつけるべきなのだろうが、1/100スケールは想像しただけで及び腰になるので(笑)、次も必然的にHGUCということになるのだろう。

 HGUCザクは発売当時にも組んだことがあるが、手軽に組めてよく動く、なおかつちゃんとザクに見える良キットだった。が、それまでのHGUCシリーズから一気に方向転換した感のある、ディテールに乏しいつるんとした外見や、動くことを重視した結果、あきらかに人体のそれを逸脱したプロポーションバランスに違和感を感じたことは否めない。特にアニメ第一話のザクが機械というよりひとつ眼の巨人のような恐ろしさをもって描かれていたため、ことさらそう思えたのだ。

作りっぱなしのHGUCザク

数年前から作りかけのHGUCザクII。ファーストシリーズのザクのイメージに忠実なこだわりの成形色が素晴らしい


 キットは寸胴短足に加え、肩関節の位置も変。可動を謳う割に相変わらず腰の可動はなく、素立ち状態ではザクマシンガンをきちんと持つことができない。もっとも、これはザクマシンガンのストック(柄)のデザインによるところが大きいのだが。

≫ Read More

| 1/144 HG/HGUC | 13:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MS IGLOO2 重力戦線 Vol.1「あの死神を撃て!」

 上昇中のザクマインドとHJ誌の作例に刺激され、MSイグルー2 重力戦線 Vol.1「あの死神を撃て!」をレンタル。子どものためにと一緒に借りた「カンフーパンダ」と、“いけない”と思いつつつも見比べてしまい、その出来映えの差に涙。イグルーはいつになったら“リアル造形の人形劇”から脱却できるのだろう。制作スタッフが頑張っているのは画面からひしひしと伝わってくるのだが、センスの問題か、はたまた技術的な何かが足りないのか。

MSイグルー2 重力戦線 Vol.1「あの死神を撃て!」

どことなく、大昔のガンプラCMを想起させる。「ジオン脅威のメカニズム!」


 ザクはプラモデル、車両はミニカーが動いているようにしか見えないし、人間の所作は依然として国際救助隊(サンダーバード)の延長上だ。なまじ表情やテクスチャーの描き込みがリアルなために、骨格の設計や姿勢、動きの違和感がかえって目立ってしまう。リアルCGで描くU.C.ストーリーは、表現のひとつとしてはアリだと思う。が、現時点ではこのあたりが限界なのなら、無理にリアルCGでなくとも我々観客は一向に構わないのだ。

 むしろ観客としては、センスの良い2Dアニメの方が嬉しくないか? イボルブが結局トゥーンシェードによる表現に落ちついたことを見ても(これを言ってしまうと、MSイグルーの企画根本を否定しかねないが)。ただ、今や2Dアニメは3Dアニメより手間も予算も食ったりするので、イボルブ同様、トゥーンシェード路線を進化させた方が良いのではないか。万が一にも「きらレボ」のような劣化3Dにはならないだろうし。

 個人的には、本編より特典映像の設定画稿の方が楽しめた。Vol.2のストーリーはVol.1より面白そうだ。が、人体表現の不自然さがこのままだとしたら、やっぱり萎えるだろうなァ。がんばれ製作スタッフ。

| 雑談 | 09:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一部のエントリーのレイアウトが崩れるバグを修正

 IE7での閲覧環境において、当ブログの一部エントリーのレイアウトが盛大に崩れることを発見。普段、IE7で自分のブログを見ることなどほとんどないので、まったく気が付かず…。原因は、タグの記述における不都合だった。現在は修正済み。

| お知らせ | 12:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。