2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MODELOCK アーバレスト その3

 塗装に向けて、モデロック アーバレストのパーツを洗浄。

MODELOCK アーバレスト パーツ洗浄

パーツ全部でも、たったこれだけ。まさに“塗る気にさせる”仕様


 しかし、見れば見るほど食玩状態(涙)。すべてのパーツがABS樹脂製なので、普通の模型用サフでは食い付かないかも。

 それにしても、ホント、いろんな所に玉ッコロ付いてるなァ。
スポンサーサイト

| MODELOCK アーバレスト | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キーチェーンでディディディエーン

 クルマのキーに付けるキーチェーンが欲しくて回したら、ディエンドが出た。コレかコンプリートフォーム狙いだったので、小さなラッキー。

キーチェーンフィギュア 仮面ライダー ディエンド

 ディケイドといえば、劇中で門矢士が使っている二眼レフカメラ「blackbird, fly」の仮面ライダー ディケイド モデル(ピンク色:国内1000台の限定生産!)が実在することを知ってビックリした。ローライのような中判フィルムではなく35mmフィルムを使う実用的な仕様なので、+ダイソーフィルム+近所のスーパーのDPE の組み合わせで気軽にトイカメ写真が楽しめそう。



 ただひとつネックなのは、blackbird, flyはパーフォーレーション部分まで感光させて35mmフィルムでのスクウェア写真とするので、ファインダー像どおりの上がりを望むなら、パーフォーレーション部までプリントしてくれる業者を探さねばならないこと。だが、透過原稿ユニット付きのスキャナを持っていれば、自分でスキャン&プリントするという手もある。

 ちなみに、レンズは33mm F7(解放値)、シャッターは1/125固定で、絞りはF7,11の選択式。最短撮影距離は80cmとやや遠いものの、スポーツファインダーも装備する本格派だ。

 ファインダーも明るく、使い勝手は良さそう。価格が高めだが、実は同スペックの他色(非ディケイド)モデルなら7,000円以上も安い。私もExaを持っていなかったら、あるいは買ったかも。ドレスデンの小騎士、伝統のExaとたかだかトイカメを比べたりしちゃいけないかもしれないが、撮影の楽しさや気軽さ、煩わしさ(笑)には近いものがあると思う。

6/19追記:一夜明けたら3,000円も値上がりしてるッ!

| 雑談 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロボ魂 アーバレストはどうよ

 ずっと白一色だったAmazonのROBOT魂 アーバレスト(AA)に色が付いた。が、この安っぽさは正直どうなのよ。

 大量生産のアクションフィギュアに過大な期待をする方が間違っている、といわれればそれまでだ。しかし、これが他にも選択肢が豊富なガンダム類ならともかく、ことファンが長く立体飢餓状態にあるフルメタ(完成度の高いフィギュアが出ると思えば高価だったり、発売延び延びだったり、プラモデルが出たと思えば食玩の親分みたいで萎えまくりだったり)では、ついつい期待してしまうのが人情ではないか。

 やはり本命は、アオシマの新製品(1/48 プラモデル)か。M9 ガーンズバック 相良宗助Ver. のサンプル画像(AA)を見る限り、プロポーションやディテールの落とし込みは、なるほどと納得のいくレベルになっている。が、個人的にM9は要らない。M9の設計はアーバレストを見越した作りになっている(ように思われる)ので、これが売れないとアーバレストが出ない、ということはあるまい。むしろ、アーバレストで利益回収率を上げる戦略だろう。つまり、いわゆる“お布施”は不要のはず。

 とはいえ、最悪の場合、M9 宗助機→M9 マオ機→M9 クルツ機(こっちが先か)→シリーズ終了、みたいなパターンもないとは断言できないが…。

 プラモデルは、スケール的に1/48のヘリや戦車と絡められるのも嬉しいポイント。腰の左右回転はなさそうだが…。あとは価格がもう少しなんとかなれば、とは思う。ともあれ、アオシマのアーバレストが店頭に並ぶその日をモデロック(食玩の親分)でも塗り塗り、楽しみに待つとしようか。

 

6/26追記:またロボ魂の写真が差し変わった。かなり良くなっているような気が!

| 雑談 | 12:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ティエレン地上型 その8

 例のお台場ガンダムがスゴイことになっていてビックリ。これはもう、モニュメントというより、144倍のHG ガンダム Ver.G30th、いや、60倍のフルディテール版PGガンダムといった方が近いか。

 この手の商業イベントにはあまり惹かれない私も、これは見に行こうと思う。息子はもちろん、ガンダムに特に興味もない女房でさえも「実物を見てみたい」のだとか。

1/144 HG ティエレン地上型 バズーカ

コトブキヤのM.S.G バズーカを持たせても似合う


 さて、忘れた頃にティエレンを更新。今も気が向いたとき地道に手を入れている。太腿の処理に決着を付ける時間さえ取れれば、コイツにもサフを吹けるのに。あ、いや、サフを吹く時間も必要か…。<そこが問題(涙)

 

| HG ティエレン地上型 | 19:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SD ガンダムGP03D その4

 仕事がデスマーチ状態。模型を弄っている時間がないので、報告程度に更新。

SD ガンダムGP03D 武器肉抜き穴埋め

本来なら両手にバズーカだが、まぁ、そこはそれ


 フォールディングバズーカとビームライフルは、結局こんな感じに。バズーカの後方は、ただ埋めただけだと面白くなさすぎるので、プラ棒でディテールらしく処理した。

 ちなみに、ステイメンが武器(特にバズーカ)を保持できているのは、肘関節にプラサポを使用していないから。

≫ Read More

| BB戦士 デンドロビウム | 11:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。