PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SD ガンダムGP03D その3

 バーニアノズルの複製に挑戦。型取りに使ったのはダイソーの「おゆまる」。熱で柔らかくなり、冷めると固まる樹脂で、懐かしの「型想い」とほぼ同じアイテムと思っていい。

 やかんにお湯を沸かし、カップに注いでおゆまるを投下、柔らかくなったら原型に押し付ける。冷蔵庫に入れて5分ほど待ち、冷えたら剥がして原型を取り出し、代わりに成形剤(レジンキャストやポリパテあるいはエポパテなど)を注入して、型を元通りに組みつけ、成形剤の凝固を待つ。なお、今回は成形剤にポリパテを使った。

おゆまるでバーニア複製

黄色のおゆまるを使うと、ポリパテをどこまで詰めたか判らないことが発覚!


 しかし、型を三方向に分割してみたりもしたものの、今ひとつ精度が出せない。円筒が歪んでいたり、縁が欠けたりしてしまうのだ。原因は修行不足か、はたまたバーニアノズルの形状がこの手法に向いていないのか…。

 ともあれ、ここでトライ&エラーを延々繰り返していても時間の無駄なので、今回は諦めてコトブキヤのM.S.GバーニアノズルIVをもうひとつ買ってきた。<敗北宣言


SD ガンダムGP03D 武器肉抜き穴埋め

ビームライフルのバレルは、肉抜きのパテ埋めもしやすい。一方、フォールディングバズーカは穴の途中に段差があり、少々厄介だ。そもそもオーキスのコンテナ中に仕込んであるものなので、見なかったことにするのが最善か


 今まで目をつむっていた武器だったが、ついに肉抜き部分を穴埋め。一応、フォールディングバズーカにも手を入れてはみた。が、どうせ(プラサポを組み込んだ)肘の関係で持つことができないので、ビームライフルだけやっておけばいいような…。ちなみに、シールドも持てない。したがって、これもなかったことに(したいなァ)。
関連記事

| BB戦士 デンドロビウム | 11:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/102-f6ef8904

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。