PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HGUC ブルーディスティニー2号機 その2

HGUC ブルーディスティニー2号機 上半身

さすがは「青の運命」…にとしても、青の色面が多すぎ


 腕が付いた。やはり、肩が青いというだけで圧倒的な違和感。ブルー2号機といえばニムバス機がデフォルトなのは、誰もが認めるところだろう。ここはどう考えても、肩パーツの成形色を赤にすべきだった。どうせ流用の都合があるんだろうけど、ここは赤パーツだけで小一枠付けてでも企業的判断としてやるべきだったと思う。

 成形色の話ついでに、肘関節も…外だけ白くて内側が青パーツ(白シールでカバー)って…。いくらなんでもこりゃあり得ないよなァ…。まぁ、関節の色が白ってのもどうかとは思う。<キンキラ関節のMSもあったけど


 悲観していても始まらないので、気になる部分に手を加える。まずは頭部。

HGUC ブルーディスティニー2号機 頭部

慎重に切り離さないと、容易くパーツ形状を損なってしまう


 ヘルメット側頭部の合わせ目を消しつつ目の塗装をしやすくするため、後ハメを目論んでマスク部を切り離してみた。が、慎重な作業を要する割に、後ハメの効果がまったくない(というより、ヘルメット接着・塗装後に組み込めない)ことが判明。やはり先に目を塗装し、組み込んだ後にヘルメットの合わせ目を消すしかないようだ。

 ヒサシ部分を切り離せばあるいは、と思うものの、ここをキレイに切り離すには相当のテクニックを要求されそう。

HGUC ブルーディスティニー2号機 腹部後ハメ

プラ板はかなり適当な形でOK


 腰にも定番の後ハメ加工。1mmプラ板をウエストサイズに合わせて切り出し、ボディパーツ裏側にあるリブモールドを利用して差し込む。そして、腹部パーツのツメ、およびボディに引っかけるようになっているパーツ上端の縁を正面だけ残して(それ以外の3面部を)カット。あとは塗装後、縁を残した正面側から組み付ければいい。ただし、接着は必須。これで襟と脇腹の合わせ目が消せる。

HGUC ブルーディスティニー2号機 肩関節

設計図どおりの手順で組んではいけない


 肩関節は、実は後ハメが可能。設計図では肩関節パーツにポリキャップを組み付けてからボディパーツで挟み込む指示になっているが、このとおりに組んでしまうと、あとから(肩関節パーツを)引き抜くのはほぼ不可能なので注意が必要だ。どうしてこんな指示になっているのか理解に苦しむ。

HGUC ブルーディスティニー2号機 手首

手のデキは、HGUCシリーズ屈指ではないだろうか


 手のデキは非常にいい。ほとんどのHGUCキットが手甲と指の2パーツ構成となっている中、指が2パーツに分かれ、手甲も含めて計3パーツで構成されているため見栄えが格段に向上している。ライフル用の持ち手も、指がトリガーを引く形状の専用の物が付属する気前の良さ! …といいたいところだが、多くのサイトでブーイングが出ているように、3つの手(指部)に対してなぜか手甲が2つしかない。したがって、手首を換えるときは外した手首から手甲を付け替えなければならないのだ。ケチくさいなァ。

 やはり、総じて詰めの甘いキットという印象は変わらず。
関連記事

| HGUC BD 2号機 | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/115-2de31a13

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。