PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

実物大ということ

 子どもたちの引率で、仮面ライダー ディケイドショーに行ってきた。所詮ショッピングセンターの屋上イベントと侮っていたら、ライダーのアクションスーツの完成度の高さにビックリ!

仮面ライダー ディケイド 仮面ライダー キバ

ショーの続きは冬の劇場版で! <ウソ


 一昔前なら、こういったドサ回り用のアクションスーツといえば一部を除いて総ウレタン、ディテール省略が当たり前だった。よってどこかパチモンくさくなる。が、今回のスーツのデキといえば、もはや番組のイメージそのままで、まったく違和感がない。


仮面ライダー ディケイド

カメンライドウ ディディディディケーイ !


 ディケイドライバーの造形にも手抜きナシ。まさか、番組が終わったから撮影用のスーツを持ってきちゃった、ってことはないよね? そう感じるほどの完成度。

仮面ライダー電王 ソードフォーム

カメンライドウ デデデデンオウ !


 このマスク造形は完璧。ところで、装着変身やFFRをはじめ、ソードフォームのフィギュアはおしなべてマスクがまったく似ていないのはなぜなのか。人形は顔が命なのに。

仮面ライダー ディエンド

ファイナルアタックライドウ ディディディディエ-ン !


 ディエンドがこれまたカッコイイ。S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディエンド(AA)のデキの良さにはバンダイのアクションフィギュアもここまできたかと感心したが、やはり実物(?)を目にしてしまうと…。

 今回のショーで、1/1という大きさが持つ説得力と存在感は別格であることを再認識した。それは、例のお台場ガンダムにしても同じ。あれを見てしまったがゆえにガンプラを作る意欲が萎えてしまった人は、決して少なくないはずだ。自分の持てるだけの知識や技術をありったけ投入してHG ガンダム Ver.G30thを作ったとしても、お台場ガンダムの144分の1に相当する感動や表現力を持たせることは極めて難しい。



関連記事

| 雑談 | 08:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/116-f37aac0c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。