PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HGUC ブルーディスティニー2号機 その4

 以前にも書いたとおり、BD2の頭部脇にはヘルメットの合わせ目が来る。しかも、これがかなり目立つ。合わせ目を消すにはフェイス(ツインアイとアゴが一体になったパーツ)の後ハメ加工が必要。私もそれを狙ってマスクを切り離したはいいが、それだけでは後ハメできないことに気付き、ずっと頭を抱えていた。どうしよう、とTwitterでつぶやいてみたところ、esAdapterの柊さんがレスをくれた。

 「赤いパーツは裏側を削ってやれば下からすぽっと入ると思います。削り方はさじ加減で^^」

 そうか、裏側を削って下から入れる…いや、気付かなかった。柊さんに感謝!! これで安心してヘルメットを接着、合わせ目を消せる。ちなみに、柊さんはBD3号機を制作中。金属製のバーニアパーツや脚のラインを美しく繋げるためのアンクルアーマー加工など、見応えある工作が目白押しだ。

HGUC ブルーディスティニー2号機 頭部

「三」モールドの長さと位置、間隔は「それらしく」


 合わせ目を消した後、「三」モールドを再生。モールドには0コンマ数ミリのプラ板を使うとちょうど良さそうだが、市販の細プラ板は不相応に高いので、伸ばしランナーを使った。が、見栄えも特に問題なし。


 ついでに、肘関節+前腕の接続を後ハメ化してみた。

HGUC ブルーディスティニー2号機 肘関節 後ハメ

肘関節を塗装する場合は、塗膜のクリアランス調整が必要


 肘の内部フレーム(?)を↑写真の形に切断、受け側の穴をナイフで少し広げてやれば簡単に後ハメできる。ただし、受け側の穴は肘を曲げたときに見えるので、注意しながら慎重に広げるか、化粧板代わりのプラ板で見栄えを整えてやった方が良さそう。
関連記事

| HGUC BD 2号機 | 14:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

BD( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ナカマー!

Twitterでお世話になっております柊です。
今頃この記事拝見して恐縮しています。お役に立て良かった。
うちのBD3号機は未熟者の浅知恵でコツコツ作業を進めてまして、ようやく塗装というところです。
2号機の完成楽しみにしていますねー(^^

| 柊 | 2010/03/04 18:50 | URL | ≫ EDIT

こちらこそ!

浅知恵なんてとんでもない!
本文にも書いたとおり、大変助かりました!
柊さんはもう塗装ですか~。
私の2号機も負けずに…と断言する自信がありませんが、頑張ります。(^-^;)
今後ともよろしくお願いいたします。

| ジュンイチ | 2010/03/05 19:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/130-61863933

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。