PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BB戦士 三国伝 大史慈ドム その1

 「ケロロ軍曹」の放送枠を半分にぶった切って放映開始された「SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors」に影響されて、久しぶりにBB戦士を買ってしまった。主人公クラスのガンダム陣を避け、選んだのは大史慈ドム。キャラの知識はまったくないが、キットの出来が良いことは、模型誌の新製品情報で知っていた。

BB戦士 三国伝 大史慈ドム 下地塗装

これはこれで渋くてカッコイイ気もする


 SDなりのプロポーションとプレイバリュー満載の変形合体ギミックを両立させたハイコストパフォーマンス・キットというのが、とりあえず組んだ感想。本体やアタッチメント各所に設けられたダボのサイズが共通化されているおかげで、シリーズのキットを組みあわせて思いもよらない機体(?)を作ることができるのが楽しい。加えて、技術的にも見どころ満載。たとえば、脚部スカートは太ももまで含めた一体成形。筒状の太ももから曲率が反転してフレアになる、こんな複雑なパーツが一発で抜けるとは! このような高度なインジェクション技術がふんだんに使用され、パーツ数を巧みに抑えている。

 兜の分割部分を接着して各所のパーティングラインを処理、いきなり下地に黒を塗装。今考えれば、やはりサフ工程を省略すべきではなかったと後悔。実際、表面処理の甘さから下地を剥がして表面処理をし直すハメになった。上の写真はまさにその状態で、これは次回への反省材料。


BB戦士 三国伝 大史慈ドム シルバー地塗装

Mr.カラーのシルバーは、思わずハマってしまう質感の良さ。フレークが細かいのがナイス


 続いて、顔(モノアイシールド)をマスキングして、シルバーを塗装。下地に黒を塗ったのは、このシルバーの発色を良くするため。ちなみに、兜や胸飾りの先端は削り込んで尖らせた。

BB戦士 三国伝 大史慈ドム 塗装

大史慈ドム、ハイパーモードッ! <ウソ


 金色の配色部分にクリアーイエローを塗装。この後のマスキングが、このキットの最大のヤマ場になりそうな予感。テープだけでは曲線部分がマスキングできないので、ゾルを併用する必要がありそうだが…。

 ところで、この大史慈ドム、アニメ放映開始に伴ってキットが「真・大史慈ドム」としてリニューアルされるという。とはいえ、マンガ版からの変更点はパッケージデザインと組立説明書(マンガ)、ホイルシールデザイン、成型色のみらしいので、欲しい人はわざわざリニューアルキットを待つ必要はなさそうだ。Amazonの写真では足の長さが違うようにも見えるが、気のせいということで、私もひと安心(笑)。



 
関連記事

| 三国伝 大史慈ドム | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/133-03c5d935

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。