PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ケルディムガンダム その1

 今さらながら、積んであった1/144ケルディムを組み始めた。思えば、確か発売日に買ったはず。なのに、どうしてこうなった…。

1/144 HG ケルディムガンダム 上半身

頭頂の合わせ目を消すかどうかが悩みどころ


 GNシールド前面展開など特異なギミックを持つ肩など、OOガンダムともまた違った組み立て感覚が楽しい。その代償として合わせ目が目立つが、これはやむを得ないだろう。額のクリアパーツがクリアレッド成型でなかったのは残念だが、塗れば済む話。それより、その下にのぞくガンカメラをクリアパーツに置き換えたいが、ちょうど真裏にダボがあるのが悩ましい。

 極小サイズのフェイスパーツの後ハメは、やはりこの方法が最適か。このサイズなら、特に処理する必要はない気もするけれど。というか、どうせここまで合わせ目の位置を寄せるなら、もう数ミリ寄せて、エッジ上に合わせ目が来るようにしてくれればいいのに。

 もうひとつ気になるのは、折れなのかRなのか、いまひとつハッキリしない肩垂れ(?)側面の曲率。平面による構成として処理するにはそれなりの盛り削りが必要と思われるので、ここはいっそ曲面として、バンダイエッジも含めて丸めてしまった方が手っ取り早いだろう。ついでに書くと、同所上部のうっすらとした小円形の凹みも、モールドなのかヒケなのかわからず悶々とする部分だ(おそらくヒケだろうが)。ヒケで思い出したが、GNシールドビットの表面はヒケだらけなので、忘れず処理したい。


1/144 HG ケルディムガンダム 上半身

スラスターベーンの裏側にもモールドがあるなど、気が利いている


 背面には各ユニットの塊が小気味よく配置され、工業製品としての存在感を主張している。大河原メカにはない魅力だ。ここには、デザイナーのセンスと実力が如実に表れている部分だと思う。

 早く続きを組みたくなる、HG ケルディムの出来の良さ。とはいえ、時期を大きく逃したせいもあって、これはパチ組みで終わりそうな気配が濃厚…。プラモデルにも“旬”があるんだなぁ。



関連記事

| HG ケルディムガンダム | 15:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/139-165fe354

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。