PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ケルディムガンダム その2

 ケルディム本体のパチ組み終了。基本的にはカッコイイと思うし、GNシールドビットの展開とディスプレイ、スナイパーライフルの折り畳みなどの遊びギミックも充実している。1/144スケールのガンプラとしては非常にデキが良い部類だ。

 ただ、唯一にしてかなり気になるのは、やはり脚。特にスネから下はデザインも馬の脚みたいだし、ギミック的にも不都合が多い。足首の可動が不十分なために、カトキ立ちのように脚を広げて立たせると足底が上手く接地できないのだ。そのうえ、無理に接地させようとするとスネ関節(があるのだ、このキットには)が動いてしまって、脚のアウトラインがO脚もしくはガニマタに見えてしまう。これが大変カッコ悪い。

1/144 HG ケルディムガンダム パチ組み前面

これがベストな立ちポーズなのか!?


 誰もが気軽に手を付けられる改造ポイントのひとつ、フロントアーマーの独立可動。例によって接続軸の中心を切断するだけの簡単工作なのだが、注意したい点がひとつ。軸を切断すると、左右各フロントアーマーの重量配分が 接続軸<アーマー部分 となり、組み込んだときに傾いでしまうことがある。これがなんとも情けない。

 そこで、今回はこれを防ぐため、切断後、接続軸に真鍮線を差し込んで繋いでいる。しかし、前述のように、このキットは格好良く見える開脚角度の自由度が異常に小さく、結果的に立ちポーズで飾らざるを得ないことを考えると、最初から軸を切り離す必要はなかったともいえる。


1/144 HG ケルディムガンダム パチ組み 背面

やはり背面は上手くまとまっている


1/144 HG ケルディムガンダム パチ組み

Ω形と十字のヒケ×8枚


 GNシールドビットの表面をアップで。ここに限らず、全体的ヒケが多いキット(HGクラスの中でもかなり多めだと思う)だが、サイズと組み立てやすさ、そしてギミックを考えれば納得。これは根気よく処理するしかない。
関連記事

| HG ケルディムガンダム | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/140-a1337b7f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。