PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タミヤプラモデルファクトリー

 仕事で新橋に行ったついでに、先月オープンしたばかりのタミヤプラモデルファクトリーに立ち寄った。

タミヤプラモデルファクトリー

女性でも抵抗なく入店できる雰囲気の店舗


■店舗の微妙な「立ち位置」
 西新橋という若干地味めなオフィス街にあって、ご覧のとおり模型店とは思えない洗練された店舗。ショーケースにはハイクオリティな完成サンプルがそこそこ並び、不相応な価格の限定キットや着る場所が想定にしにくいツインスターのTシャツやエプロンなども販売されている。私はちょうどサーフェイサーを買いたいと思っていたので、割高なタミヤのよりGSIクレオスの徳用を…と思ったら、置いてないでやんの。<当たり前だ


 塗料関係の価格表記がされていないのは不親切。また、特に割引サービスもない。アドバンテージであるイベントフロアも、商品購入額に応じて発行されるパスポートが必要で、その割にさしたるイベントがあるわけでもなしと、正直、ここで買い物をする客層が良くわからない。隣の駅(有楽町)前には、(完成サンプル展示こそないが)あのビックカメラもあるのだ。ならば、勤務先が西新橋近辺ならともかく、そうでなければわざわざここで買う理由は見当たらない。

 くだんのイベントフロアには、大きなミニ四駆サーキットがある。が、さすがに今さら感は否めないだろう。西新橋という立地と、ミニ四駆ユーザーの属性が交差するとも思えない。東京近郊に住むお父さんが、ミニ四駆に夢中の我が子を連れて、週末にわざわざ新橋まで出て来るのだろうか。ついでにいえば、そもそも建物がまったく目立たないのも考えものだ。

 なお、イベントフロアの使用ルールは以下のとおり(ホームページより引用)。
[イベントフロアパスポートにつきまして]
・2Fイベントフロア入場の際には、「イベントフロアパスポート」が必要です。
・「イベントフロアパスポート」は3,000円以上のお買上げで差し上げます。
 (累計のお買上で3,000円以上になった場合、レシートをご提示ください)
・「イベントフロアパスポート」は発行日から1年間有効です。
※「イベントフロアパスポート」をお持ちでない方は、お買い物当日に限り、1,000円以上のレシートで入場が可能です。
※小中学生、女性の方はフロアパスポートは不要です。
 同じ有償利用スペースを設けるなら、大判のカッティングマットや万力、モーターツール(ビットは持ち込みでもいい)などを完備した作業机か、本格的なコンプレッサーと乾燥機、調色用カラーチップなどを装備して効率よく塗装できる塗装ブース、あるいは三脚と明るい照明付きの撮影ブースを時間貸しで用意してくれた方がずっと嬉しい。

追記:…けれどよく考えたら、今までの模型屋のイメージと一線を画したオシャレな店舗にそんなコアな設備を置いてしまうと、店舗の基本コンセプトがズレてしまう気がしないでもない。ただ、商材はあいかわらず戦車や飛行機やバイクやレーシングカーがほとんどなわけで、想定されるユーザー層が従来のそれと大きく異なるとも思えないけれど。

■オープンキャンペーン記念品は「ダンガンレーサー」
 現在、タミヤプラモデルファクトリー新橋店オープン記念特別企画として、以下のキャンペーンを実施中。
●1,000円以上お買いあげの方に「ダンガンレーサー組み立てキット」を1台プレゼント!
●3,000円以上お買いあげの方に「タミヤプラモデルファクトリーオリジナルボールペン」をプレゼント!

タミヤプラモデルファクトリー

車体のデザインはなかなか興味深いものの、模型としての存在感は、ミニ四駆に比べイマイチだったダンガンレーサー。半ばタミヤの黒歴史か


 なぜか私ももらっていたりする。買い物をした知人が「要らないからあげる」と、くれたのだ。子どもへのお土産にありがたくいただいたが、通常商品をそのまま記念品にするとはダンガンレーサーがいかに不良在庫になっているかが窺える。たとえ私のように「子どもへのお土産」という図式を狙ったとしても、ミニ四駆の方が喜ばれそうだ。つまり、「そこ」に主眼はないということになる。



 いつになく辛辣になってしまったが、それも私自身が幼少時代からのタミヤシンパゆえ、余計に物足りなさを感じたからだ。タミヤにはいつまでも、俊作社長(現在は会長)の自著に記されているような、技術とこだわりと夢のある企業であってほしいと切に願っている。タミヤこそが世界の模型業界のリーダーであるべきだし、その資格があると信じてやまない。


関連記事

| 雑談 | 10:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

知らなかった

新橋にもオープンしたんですね。
でも、レンタル作業スペースが無いのは残念だなぁ。
トレッサ横浜の方にはあったと思うのですが…。

ちなみに、ミニ四駆はまたブームが来ているらしいですよ。
レギュレーションが改訂されて大人も公式レースに参加出来るらしいので
会社帰りのサラリーマン狙いなんじゃないでしょうか?>ミニ四駆サーキット

| FINXI | 2008/10/18 17:44 | URL | ≫ EDIT

そうですよね

作業スペース、なぜ横浜にあって、新橋にないんでしょうね。
世の(模型趣味の)お父さんたちが一番困っているのはココだと思いますよね。

ミニ四駆、新製品も出ていますし、イベントもやっていますよね。
メーカーの「仕掛けたい」気持ちは非常に伝わってくるのですが、じゃあ模型屋店頭の売り場で実際に手に取っている人がいるかというと、少なくとも私は見たことがありません。
模型専門店の売り場スペース占有率も、それに準じた状態ですし…。

ブームを煽っているのがタミヤだけでは、あのミニ四駆ブームの熱量は再現できないと思うんです。
かつてのブームは販売店や公式非公式のサードパーティーを巻き込んだ、商品ではなく市場としてのブームでしたもんね。
ファミコンソフトになったりとか(笑)。

> レギュレーションが改訂されて大人も公式レースに参加出来るらしいので
> 会社帰りのサラリーマン狙いなんじゃないでしょうか?>ミニ四駆サーキット

かつてのガンプラ世代が今でも市場を強く支えているように、ミニ四駆もまたしかりなのでしょうか。
本当は子どもにこそ、プラモデルで遊んでほしいですよね。

| ジュンイチ | 2008/10/18 18:59 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/21-9ebb412e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。