PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG AEUイナクトカスタム その2

 ここまでパチ組んでみた。GN-XやOOガンダムに比べてしまうと、やはりABS樹脂の多用に起因するパーツの切り出しにくさと組みにくさが目に付いてしまう。が、低価格・小サイズでありながら完全変形という課題をクリアするためには、これがベターな設計であるのだろう。それは理解できる。

1/144 HG AEUイナクト パチ組み(まだ途中)

キットは全体的に漫然としていて、線がダルい印象。なお、本来はフェイス部分にスモーククリアのシールドパーツが付く


 とはいえ、ABSは可動部の摩耗耐性や強度面でまさる反面、造形面では通常のプラ材よりシャープさに欠け、可動部クリアランスの精度も劣る。加えてABS以外の部分でも、イナクトのように航空機をモチーフとしたMSの場合、玩具基準による翼断面や各所フィンのダルさ、プラ材の縁の厚みなどが人型MS以上に目に付いてしまう。

 これら複合的な要因で、組み立て玩具的な印象が必要(メーカー側の意図)以上に強調されてしまうのは、やや残念。この問題はおそらく、FINXIさんが1/100フラッグで感じた違和感と同質のものだろう。ならば、普通はモデラー側の手でそれらを克服すればいい。が、こと相手がABSとなると、一筋縄ではいかない。そのビニールライクな特性(削りにくく、傷付きやすく、接着しにくく、塗装しにくい)が大きな障害として立ちふさがるからだ。



 肩のフィンや前腕の黒いパーツがABSである必要は特にないが、色分けの関係でそうなっている。その一方で、肝心の主翼の可動軸がプラ材一軸噛み合わせの単純な仕様であることには、大いに疑問を感じざるを得ない。これでは主翼の動きが、すぐにスカスカになってしまいそうだ。というか、すでになりかけているのだが…。
関連記事

| HG AEUイナクトカスタム | 10:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/30-b10cb2ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。