PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG AEUイナクトカスタム その5

 文句ばかり書いていても始まらないので、とにかく、まず手を動かし始めてみる。

■頭部
1/144 HG AEUイナクトカスタム 頭部

何らかのディテールを加えたいところだが、その意図を拒むかのような、ある意味「メカらしくない」デザインに手も足も出ない


 トランプに描かれたジョーカーを思わせる奇異なデザインの頭部。設定画のように(冠のような)アンテナの先が鋭角になるようニッパーで切りとばし、裏側を削り込んでエッジを薄く。横に広がった耳の部分もシャープさに欠けるので、同様に加工。ガンダムのツノ(マルチブレードアンテナ)と同じく、定石通りともいえる工作だ。


■メインノズル
1/144 HG AEUイナクトカスタム メインノズル

翼可動部の軸受け部分の天地を低くできれば、玩具っぽさは軽減できそうだが…


 この複雑な形状が1パーツで抜かれていることに、まず驚く。なんと複雑な金型ワーク! しかし、そのしわ寄せが造形に表れてしまっているのが残念。ヒケが大きいうえに形状があやふやで、線の繋がりが明確化されていないのだ。とりあえず全身にペーパをかけてヒケを取り、サイドポンツーンの縁をデザインナイフの先端で薄く削る。その内側の断続的な肉抜きはポリパテで充塞。

■翼
1/144 HG AEUイナクトカスタム 主翼

翼は全体的にペーパーをかけたい。が、モールドを消さないよう注意が必要


 肩・腰ともに翼は縁をナイフでカンナがけして、翼断面(らしさ)を演出。先端もできるだけ尖らせる。ここではやっていないが、翼端灯を付けるのもアリだろう。あまりに芸のない可動基部は見栄えを向上させたいと思うもののアイディアが思い浮かばす、仕方なくこのまま放置。

■胸部
1/144 HG AEUイナクトカスタム 胸部

せめてダクトの縁を薄く削る…か?


 胸部フェアリングの縁にバンダイエッジがあるので削って処理。2基の正面ダクトは開孔を考えたが、真裏にダボの受け筒があることを知り断念。頭の後に位置するドームの縁も一応薄く削っているが、頭部を組み込んでしまうとほぼ見えなくなってしまう。

■アーマー裏など
1/144 HG AEUイナクトカスタム 肩アーマーなど

つま先(?)にはプラ板を貼り足して尖らせる


 各所の肉抜き穴は基本的にプラ板とポリパテでふさいでいるが、肩アーマーの裏に関しては悩みどころ。ディテールを入れるか、放置か。ちなみに組み付けてしまうと、やはりまったく見えない。

■腕部
1/144 HG AEUイナクトカスタム ヒジ 後ハメ

最初からここを分轄しておいてくれさえすれば、余計な苦労をせずに済むのに…


 前腕に合わせ目が生じるので、後ハメ加工。オーソドックスに、肘関節内側の○を切り離す方法とした。ノコ刃が入りにくく一見難しそうだが、案ずるより産むが易し。

 ケガキ針で境界を執拗にけがき、左右端から少しずつナイフの刃を入れ、「もう少し!」というところまで来たら、境界から折って切り離すのだ。これで意外にも上手く行く。が、失敗しても責任は取れないので、チャレンジは自己責任で。

■ディフェンスロッド
1/144 HG AEUイナクトカスタム ディフェンスロッド

好きな装備ナンバーワンのディフェンスロッド。デザイン的にムダがなく、「飛行型MSゆえ重量のある盾を装備できないことへの苦肉の策」という設定にも“それらしさ”が感じられる


  裏面の肉抜きはプラ板でふさぎ、折り返しのエッジは鋭角に削り込んだ。回転軸の基部(ABSパーツ)は、キットのままだと側面に固定板があるが、設定にはないので切除した。<実はゲートと間違って切断、という痛恨のミス

■ブレードライフル
1/144 HG AEUイナクトカスタム ブレードライフル表面

ブレードは可動による塗装の擦れや剥げが心配だ


 ブレードライフルのカーボンブレードは容易に想像できるとおり、先端が丸く、エッジも鈍い。そこで、これらを削り込んで「斬れそう」な形に加工。ついでにスライド時の塗膜の干渉を考え、全体の厚みをできるだけ薄く。外装はエッジを落として、より流線型に。

 グリップ付きの複雑な形状を1パーツで抜いているミサイルランチャーは、やはりヒケに注意。

1/144 HG AEUイナクトカスタム ブレードライフル裏面

 裏面の肉抜きは、この部分のみふさいだ。その後ろも塞いだ方がいいかどうかは悩み所。すべてふさいでしまうと、造形としてのアクセントがなくなるような気がしないでもない。
関連記事

| HG AEUイナクトカスタム | 16:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/34-f5a47b43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。