PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG AEUイナクトカスタム その7

 前回のエントリーで書いた破損した肩フィンのパーツは、無事補修することができた。ABSでなくプラ製だったことが不幸中の幸い(だから割れたともいえるが)。

 さて、今回の工作は太腿の後ハメ加工だ。


凸側も凹側も、ここまで削るか!? というほどガンガン削ってOK


 基本はオーソドックスなハの字加工。ただし、太腿側下部の縁はギリギリまで削り込む。関節側のパーツもほとんど原形を留めないほど削る。ここまでしないと、スムーズに組み込めないのだ。仮に削りすぎてハメコミが緩くなってしまっても、接着してしまうので問題はない。思い切ってガンガン行こう。



正面の(面の)折れ部分にもエッジを立てるべきか悩む


 そして、前腕同様にエバーグリーンの細切りプラ板を貼り付けてエッジ立て。エッジを触ると指が痛くなるくらい削り込んだ。イナクト(特にカスタム)は、エッジを立てれば立てるほどキャラも立っていくと思う。
関連記事

| HG AEUイナクトカスタム | 15:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/36-f59b32ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。