PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG ジンハイマニューバ その3

 HG セラフィムガンダムのリリースを気にもかけず、ジンハイマニューバを弄る。今回の改造箇所は、懸案の下半身。腰アーマーの厚みを増し、太腿にロール軸を追加した。

 ジンハイマニューバのコンセプトは、装甲強化と高機動化の両立であることが見てとれる。が、こと装甲に関して強化されたらしき箇所は、胸部と腰のフロントアーマー程度だ。肩とスネには増加装甲があるものの、どちらかというとこれも高機動化を強調するデザイン。左右および後部の腰アーマーに至ってはジンそのままなので薄っぺらく、どうにも心許ない。

1/144 HG ジンハイマニューバ 改造箇所

腰アーマーの曲率に沿ってプラ板を貼るのが意外に難しい


 そこで、1.2mmプラ板を貼り込み、重厚感の向上を狙う。アーマーはゆるやかに湾曲しているので曲率に合わせてプラ板を曲げ、貼り込んだ後に整形。ここで注意したいのは、できるだけ流し込み接着剤を使わないことだ。私は使ってしまったためパーツに多数のクラックが入り、修正に手間取ってしまった。


 太腿は切断後、片側にポリキャップを仕込み、反対側はランナーを利用して軸を設置。

1/144 HG ジンハイマニューバ 素立ち

パースを付けて、設定画に近い雰囲気に。実際の模型よりカッコイイ


 表現がアクションフィギュア的になってしまううえ、強度の確保も難しいので好みが分かれるとは思うが、少なくとも素立ちは決まるようになる。前回の写真と比較すれば太腿から爪先にかけてのラインが整っているのがわかるだろう。

 次の課題は、挟み込み各所の処理。特にスネは後ハメが難しそうだ。なお、ブタ顔についてはもう諦めた。
関連記事

| HG ジンハイマニューバ | 13:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どんどん格好よくなってきましたね。
太腿の稼動軸は、私はとてもいいと思います。

ガンダム00ですが、ブシドーのCB入りはさすがに無いんじゃないですかね。
ただ、前回「私にも考えがある」みたいな事を言っていましたがどうするんですかね?
誰か人質を取ったりして卑怯な手段に訴えるのでしょうか(笑)。

| tekitou9999 | 2009/02/20 13:19 | URL |

しかしながら

写真の方がカッコ良かったりもするんですよ。
太腿のロールはできれば標準装備してほしいですね。
その点、HG OOなんかは本当に気が利いたデザインで好キットです。
SEED系でも、1/100バスターガンダムは太腿にロール軸がありましたね。

ただ、キットがそう設計されているならともかく、1/144キットの太腿にロール軸を後付けするのは、強度的不安が大きいですね。
というのも、ポリキャップをまともに仕込めるスペースがなくて…。

ブシドーは、捕虜になった元姫様を人質にするんでしょうね。
まぁ、それで姫が射殺されずに済むなら、それでもいいのかも。
でももしかすると、姫を刹那の前で惨殺、というのも…。
カミーユの母親やらウッソの母親やらフレイやらガンダムの歴史では定番なので、あながちないとはいえません。

| ジュンイチ | 2009/02/20 14:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/57-77d0c132

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。