PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HGUCザクII リベンジへの課題

 早く仕事を終わらせてザク作りたい。本来、この情熱はMG2.0にぶつけるべきなのだろうが、1/100スケールは想像しただけで及び腰になるので(笑)、次も必然的にHGUCということになるのだろう。

 HGUCザクは発売当時にも組んだことがあるが、手軽に組めてよく動く、なおかつちゃんとザクに見える良キットだった。が、それまでのHGUCシリーズから一気に方向転換した感のある、ディテールに乏しいつるんとした外見や、動くことを重視した結果、あきらかに人体のそれを逸脱したプロポーションバランスに違和感を感じたことは否めない。特にアニメ第一話のザクが機械というよりひとつ眼の巨人のような恐ろしさをもって描かれていたため、ことさらそう思えたのだ。

作りっぱなしのHGUCザク

数年前から作りかけのHGUCザクII。ファーストシリーズのザクのイメージに忠実なこだわりの成形色が素晴らしい


 キットは寸胴短足に加え、肩関節の位置も変。可動を謳う割に相変わらず腰の可動はなく、素立ち状態ではザクマシンガンをきちんと持つことができない。もっとも、これはザクマシンガンのストック(柄)のデザインによるところが大きいのだが。


作りっぱなしのHGUCザク

キット、工作ともにツッコミどころ満載(汗)。左手の握り拳は、昔懐かしいコトブキヤの「てっちゃん」


 肩軸の付き位置もおかしい。特に改造はしていないが、上腕、前腕のバランスも不満。また、短足感の解消のため太腿を4mm延長したが、それが正解だったかどうかには疑問が残る。

 HGUC旧ザクは腰が可動するらしいので、この機構を組み込めばより理想的なザクIIになるだろうか。って、すでにみんなやってる気も。…そういえば、旧キットでも1/144旧ザクの足首を量産型ザクに移植するという改造があったっけ。案外、HGUC旧ザクはそのオマージュ的要素を秘めたプロダクツでもあるのだろうか。

 などと書きながら、AmazonのHGUC旧ザクのレビューを読んでいたら、
きわめつけは箱の裏に「ザクIのパーツを使ってザクIIをパワーアップさせよう」なんて皮肉めいた印刷まで。よく見ると、腕部はそのまま移植できるんですね。

 マジでそうなのか!

 この作りかけのザクに数年ぶりに手を入れるのもいいけれど、今回は違うコンセプトで製作、リベンジできればと思っている。けれど、終わらないのだ、仕事が。(エントリー冒頭に戻る)

 
関連記事

| 1/144 HG/HGUC | 13:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/69-0413c904

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。