PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/144 HG OO(ダブルオー)ガンダム その1

 発売から実に一週間遅れで参戦。だって、近所のヤマダ電機には、入荷する気配さえまったくないんだもの。これほどの話題商品ですら頑として仕入れない(棚のメイン商材は今だにHG SEEDシリーズ)発注担当者の鉄の意志は、むしろ見習いたいくらいだ。

1/144 HG OOガンダム ボックスアート

ボックスアートは、セカンドシーズンも森下直親氏。設定画初公開時の激萎えっぷりも思わず忘れるカッコ良さ


 巷の評判では、驚異的な変態可動モデルとのこと。ならば改造などせずにさっさと組んで、ギミックを堪能する方が得策だろう。<逃げ口上


 箱の中身を見ていて、おっ、と思ったのは、取説の右下部分。
キャンペーンを実施する場合があります。応募する際に使用しますのでとっておいてください。
という但し書きとともに、三角形の応募券らしきマークが印刷されているのだ。

 これが昔のガンプラなら、文末は「~大切にとっておこう!」なノリだったろうに、やっぱり、今のガンプラは子どもたちがメインの客層じゃないんだなぁ…。などといった感慨はさておき、これで空き箱やランナーを迷いなく捨てられると胸をなで下ろした人も多いのではないだろうか。

1/144 HG OOガンダム 取説

取説右下に印刷されている応募券部分。ただし、「応募券」とは明記されていない


 何しろ、従来のバンダイのキャンペーンと来たら、箱に印刷されたマークやCランナーのタグで応募といったものが多く、ユーザーは「次はどんな手で来るか」と戦々恐々だったのだから。キャンペーン発表直前に箱やランナーを捨ててしまい、応募できない理不尽さに涙したユーザーは、星の数ほどいる。

 だが、今シリーズからその心配もなくなった。合わせ目の減少や可動範囲の拡大だけでなく、こういった細やかな商品としての総合的なパッケージングとしても、ガンプラは確実に進化しているのだ。

関連記事

| HG OOガンダム | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/7-85c60412

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。