PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハセガワ、次のMa.k.はルナダイバー!?

 ハセガワのホームページを見ていて驚いた。1/20 ファルケにも相当驚かされたが、次はなんとルナダイバー“スティングレイ”だというのだ。スケールはさすがに1/35。しかし、それでも十分にデカイはず。1/35といえば、かつてイエローサブマリンから発売されていたS.A.F.Sやカウツ、グラジエーターなどと同スケールだ。

イエサブ 1/35 S.A.F.S ルナダイバーカラー(リペイント)

懐かしのイエサブ 1/35 S.A.F.Sをルナダイバー(というより、プラウラーのボックスアート?)カラーにリペイントしてみた


 イエサブといえば、昔、新宿三丁目の店舗で、横山氏製作のルナダイバー(実物)を見たことがある。塗りといい、サイズといい迫力満点で、まるで映画のプロップのようだった。

 ハセガワがMa.k.を手がけるならパワードスーツよりビークルだろう、という社内的判断は理解できる。やはり飛行機のハセガワ、ソッチ系が得意だろうし、何よりロボは元祖ニットー、そしてウェーブとバッティングする(今後、ニットーからの発売はなさそうだが)。そんな状況下、Ma.k.のビークル系アイテムには、それほど選択肢があるわけでもない。あとはフレーダーマウス? ただ、ホルニッセは違う気がする。

 とはいえ、このご時世に、決してメジャーアイテムとは思えないファルケ→ルナダイバーの2連コンボという攻めの姿勢は、驚きを超えてもはや痛快だ。ファルケがそれほどまでに売れたのだろうか。実は私も(ファルケを)買おうかどうしようか悩んでいるのだ。が、あの大きさでは積むにも飾るにも苦しみそうだし、そのうえ、キットとしての評価も少々微妙ときては…。でも、欲しいよなァ。

 ところで、先日、行きつけの模型店で、ある客が店員にこんな話をしていた。

 「もう判っているんだよ、家にある模型を残りの人生で作りきれないってことくらい。でもさぁ、買っちゃうんだよね。知ってて買ってるの。残りは息子にでも託すかなぁ。でもさ、ヤツは模型なんて興味ないんだよ、ゲームに夢中で。」

 危うく握手を求めそうになった。我々中年モデラーは、誰しも似たような課題を共有している。

 

| Ma.k. | 13:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ユニコーンに関しては

私もそれほどよく知らないのですが、他の作品と関連がある人物やMS、艦船などを意図的に出して世界観を繋げようとしている気がします。
もっとも現実の戦闘機や艦船に則して考えれば実際にはMSだって十年単位で運用されてもおかしくないですし、艦船だったら数十年単位が普通でしょう。

だからという訳ではないですが、百式の発展型の変形機のデルタプラスとか、Zガンダムとメタスを合わせた発展型のリゼルとか、アッシマーの発展型でジェガンがちょっと混ざったようなアンクシャとかなかなか面白そうなMSが出ています。
この辺の機体がキット化されるんだったら楽しみですね。

>以前、海洋堂が過剰に高品質なガシャポン商品を提供
>して、各方面からクレームを付けられたことがありま
>したが、今回はその比じゃない気がします。
こんな事あったんですか?
知りませんでした。
しかし高品質だからクレームというのはどういう理屈なんでしょうか?

SF3Dオリジナル(笑)のファルケがキット化されたのは知っていましたが、ルナダイバーというのは機体そのものが知りませんでした。
HJに連載時は楽しみに読んでたんですけどね。

あとシミュレーションゲームも持ってましたね。
今でも実家のどこかに眠っているのかもしれませんが。

マシーネンクリーガーは非常に魅力的な作品だと思うのでCGとかを使って映像化してくれないですかね。
例の水虫がどうたらというんじゃなくて、もっと戦場の緊張感バリバリあるようなヤツを(笑)。

| tekitou9999 | 2009/04/24 23:34 | URL |

袖さえ付ければ

UC、アイザックなんかも出てくるんですよね。
ただ、いわゆる“袖付き”なのだとか。
じゃあ、そのパーツだけ増やせば、従来のキット流用でいくつかイケちゃったりする気もしますね。
まぁ、MSはいいとして、面白いかどうかの最大のポイントはストーリーだと思います。

> しかし高品質だからクレームというのはどういう理屈なんでしょうか?

本来、ガシャポンの金額クラスのクオリティではない商品を発売されてしまうと、
・直接バッティングするガシャポンメーカー:海洋堂製品に比べ、自社製品が大きく見劣りしてしまうので困る
・直接はバッティングしないフィギュアメーカー:海洋堂製品に比べ、自社製品が割高に見えてしまうので困る
・他の造形業者・原型師:メーカーから、もっと安く高品質なものが作れるだろうと迫られて困る
・海洋堂製作の製品を販売するメーカー:他の造形業者に発注した製品が見劣りしてしまう
といった影響があり、ライバル会社“以外”からもクレームがあったそうです。

> ルナダイバー

これはSF3Dオリジナル時代にはなく、HJとの裁判における判決確定後、モデグラでMa.k.が連載開始されてから製作されたものです。
2001年9月に発行された『Ma.k.B.D.』には載っていますから、1999年もしくは2000年の前半に公開されているはず。
年末年始の深夜の寒空の下、横山御大がルナダイバーの尻尾を鷲掴みにしてサフを吹いていた記事をモデグラで読んだ覚えがあるんですよ。

> 例の水虫がどうたらというんじゃなくて、

ナッツロッカーのビデオですね、懐かしすぎる!。
あれはあれで、それなりに戦場の緊張感が(笑)。
そもそも、戦場のド派手アクションからピントを外したところに、毎回、Ma.k.ダイオラマの“らしさ”があったりするんですよね。

| ジュンイチ | 2009/04/25 02:05 | URL | ≫ EDIT

ユニコーンのストーリーに関しては私は正直よくわからないです(笑)。

宇宙世紀0年からの謎とかなんだかあるらしいです。確かユニコーンにもその謎に関わる秘密があるんじゃなかったですかね。
シャアの再来とされるフル・フロンタルは描写からしてどうもシャアっぽい印象です。ただどの道正体がはっきりと語られることは無いでしょうね。

高品質のクレームについてありがとうございます。
他のメーカーが言いたい事はわからなくも無いですが、これで文句つけられてもねえという気がします。

ルナダイバーはやはりモデルグラフィックスに連載された時のやつですか。
傭兵軍の月面爆撃機みたいですね。

あと確かにMa.k.ダイオラマは(SF3Dの頃しか知りませんが)、のほほんとしたものも多かったような気がします。
豚飼いの少年なんかがいましたね。

| tekitou9999 | 2009/04/26 00:56 | URL |

エディですね

たしか姉がいて、パメラという名前でしたっけ。
こんな話をしていたら、Ma.k.のキットを作りたくなってきましたよ。

ユニコーンについては、とにかくMSのデザイン以外何も判らないので、公開されるのを楽しみに待ちたいと思います。
それにしても、あの複雑なMSを本当に動かせるのでしょうか。
やっぱりCG?

| ジュンイチ | 2009/04/26 12:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/85-bc71e8a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。