PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/20 S.A.F.S その8

 “ガンプラ 鉛”をキーワードに検索してお越しくださる方が、意外に多い。これはガンプラの足(もしくは脚)に鉛を入れて自立しやすくする工作のことを指しているのだろう。まさか、かつてプラモ狂四郎がパーフェクトガンダムII(フルアーマーガンダム)の胸部装甲に鉛板を仕込んで装甲を強化したアレとか、そんなのじゃあるまい。

ガン玉と割ビシ

中心にミチイトを通すための穴が空いている(筒状になっている)のがガン玉。アケビのようにパックリと割れているのが割ビシ


 私の場合、足用の鉛には釣用のオモリであるガン玉や割ビシ(カミツブシともいう)を使うことが多い。鉛板のように切り出す必要がなく、また、一個あたりの重量が決まっているため、オモリのサイズと個数さえ合わせれば簡単に左右のバランスが取れるからだ。

 これらのサイズを数種類揃えておくと、ガンプラなら1/100と1/144スケールで使い分けることができて便利。写真のような菊型ケース入りのセットを買っておくと重宝する。これで、おそらく2~3年は困らないはず。


1/20 S.A.F.S 足 鉛

充填するパテは、ポリパテでもエポパテでもOK。今回は、完全硬化前の切削性の高さからセメダイン木部用を使用


 S.A.F.S.の足にもこれらを仕込んだ。サイズ的に収まりの良さそうなものを2~3種類選んで配置し、その隙間にパテを充填して固定する。こうしておけば、完成後にオモリが外れ、足の中でカラカラと音を立ててしまうことがない。なお、割ビシは潰さないで使った方がパテに噛みついてくれる。が、一方、潰した方が小さくなるので収まりは良くなる。使い方はケースバイケースで。

1/20 S.A.F.S 足 鉛

多くのキャラクターモデルの足底がまだツルツルだった時代のキットとは思えない!


 オモリとパテがうまく収まったら、あらかじめ周囲を摺り合わせておいた靴底でフタをする。このとき、オモリやパテが靴底に干渉してしまうようなら、オモリあるいはパテの干渉部分をナイフで削る。鉛は柔らかい金属なので、思ったより簡単に削ぐことができるのだ(上の写真でも、鉛の干渉部を切除している)。

1/20 S.A.F.S 足 鉛

鉛やパテでふさいではいけない場所は、あらかじめチェックしておこう


 注意したいのは、足の内部の可動箇所や後からパーツを接続する箇所。これらを無視したまま鉛を仕込んでパテを充填してしまうと、足首が動かなくなったり、パーツを差し込めなくなったりしてしまう。たとえば、上の写真の窓部分のような場所だ。このチェックを怠った私は、穴からデザインナイフの刃を突っ込んで、内部をほじくるハメに(涙)。

 足の内側にメンタムなどの剥離剤を塗布後、オモリ&パテを充填、硬化後に一度剥がしてから干渉部を切除して収め直すという賢い手もある。<あとから気付いた

 ちなみに、ガン玉や割ビシはAmazonでも買える。結構意外。



  

  

関連記事

| 1/20 S.A.F.S | 10:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

MGガンタンクは出るそうです。

プラモ狂四郎は後半は、胸部装甲に鉛を仕込んだりとか全然模型とは違う方向に行ってましたね。
詳しくは知りませんが続編だともっと訳がわからない方向に行ったと何かで読んだ覚えがあります。

S.A.F.S.はデザイン的に上部が大きくあまり安定しないと聞いた記憶があるので脚に鉛を入れるのはいい方法なんでしょうね。

あとフィギュアはかなりリアルになってきましたね。
ぜひS.A.F.S.を完成させて並べてください。

それからプラモですが、MGガンタンクは出るそうです。あとHGUCジェガンとか。
少し気になるのが、HG RX-78-2ガンダム 機動戦士ガンダム30thAnniversary1260円というやつですね。
これはお台場の1/1のガンダムと同じプロポーションとディティールらしいですが、1/144のプラモデルなんですかね?
http://gtoys.blog48.fc2.com/blog-entry-2189.html

| tekitou9999 | 2009/05/15 10:07 | URL |

RCではなさそうですね

プラモ狂四郎の改造は“プラモシミュレーションありき”なので、それなりに筋は通っているのかもしれません。
が、それならほとんど金属パーツ(あるいはグラスファイバー)にしちゃうとか、チートな方法はいくらでもありそうな気がしますね(笑)。

S.A.F.Sも含め、Ma.k.の後期パワードスーツはどれもマスボリュームが上半身に集中するデザインなので、鉛入れは非常に効果があると思います。
もっとも“立たせるなら”の話で、宇宙用スーツは浮かせて飾ることも多いようですね。

フィギュアの塗装は楽しかったのですが、結構悩みました。
それと、このジャンルでは如実に眼の性能低下を感じますね。
手元を近付けるとピントが合わない…。
それにしても、1/20で瞳まで描いちゃう人が信じられません。

ガンプラは相変わらず元気がありますね。
エクシアもMGで出るらしいですし、HGUCのユニコーンとクシャトリアも参考出品されたとか。
ガンタンクはRCではないようですが、ディテールワークが気になります。
どうせタンクなんだから、ディテールびっしりの重力戦線風味にしてしまえばいいのに。
でも、やっぱりMG2.0ガンダム準拠の“あっさりめ”なんでしょうね。
ガンタンクに可動の見せ場はあまりなさそうですが。

HG RX-78-2ガンダム 機動戦士ガンダム30thAnniversary は、お台場ガンダムの(本当の意味での)1/144スケールモデルなのではないでしょうか。
だとしたら、動かないってことですよね(笑)。

| ジュンイチ | 2009/05/15 11:32 | URL | ≫ EDIT

私も数年前に比べて目が一段と悪くなってきたと感じています。

細かい地図などを見るときに、かなり見えにくいです。

MGガンタンクが出てしまうと、ファーストガンダムの劇中登場MSで、MGで出てないのはゾックだけになってしまいますね。
さすがにゾックはMGでは出ないでしょうね。

HG RX-78-2ガンダム 機動戦士ガンダム 30thAnniversary は確かに実物の1/144スケールモデルですね(笑)。
お台場ガンダムは製作途中の画像を見ましたが、やはり相当大きいみたいですね。
実物を見るのが楽しみです。

| tekitou9999 | 2009/05/18 10:42 | URL |

いやンなっちゃいますねぇ

細かい工作、楽しいんですけどね。
模型製作もそうですが、仕事に支障が出るのが洒落になりません。

MGゾックは不要ですが、シリーズという視点で考えると出さないわけに行かないのではないでしょうか。
水陸両用は夏が要注意ですね。
HGUCは売れたんでしょうか。

30thは、デザインアレンジがあまりかっこよくない気がするのですが、どうでしょう?
お台場の実物は、あの大きさだけでも十分な存在価値があるとは思いますが。

| ジュンイチ | 2009/05/18 11:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/94-1c1fd087

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。