PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/20 S.A.F.S その12

 この日以来、処遇に困っていたS.A.F.S付属のアナザー・フィギュアヘッド、通称ミスター・オールバック。一度はパテで耳を作って付けたりもしてみたが、今ひとつピンと来ないのでまた取っ払ったり。で、考えたあげく、ヘルメット(らしきもの)をスクラッチして被らせてみた。

1/20 S.A.F.S 付属フィギュアヘッド

とりあえず、大雑把にそれらしい形にして溶きパテを塗りたくっておく


 傭兵軍のメットというより、ガンダム0083冒頭でバニング小隊が被っているそれに近くなってしまった。まぁ、「メットっぽく見えるだけマシ」くらいに考えておこう。<ポジティブ・シンキング


玉ウキ 4号

上州屋で4個入り141円(税込)也。みんなも買うといいよ


 ちなみに、メットの素材は釣り用の玉ウキ。これを切り刻んで被せていけば、ヘルメットの基本形状を容易に導き出すことができる。接着は、普通のプラ用接着剤でOK。サイズは、1/20用なら4号か5号を工作方法に合わせて現物合わせで選ぶのが良いだろう。今回は4号を使ったが、そのままでは気持ち小さく感じた。結局パテを盛ってしまったので、それでも問題はなかったが---。

 ちなみに、玉ウキヘルを被せるときは頭髪部分(額から上)はノコで切りとばしてしまった方が好都合。だが、作業はちょっとイヤな気分(汗)。また、ツートンの蛍光塗料は、工作中にベトつくのに加えて塗装にもジャマ。ペーパーをかけて、できるだけ落としてしまうのがオススメだ。
関連記事

| 1/20 S.A.F.S | 16:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://g3.blog2.fc2.com/tb.php/98-39292ac4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。